お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップお値打ち株の見つけ方

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

有利子負債の「適正」判定方法

お値打ち株の見つけ方【2006/10/06 22:56】

今週は、掲示板の方も活気が出てきて嬉しく思っています。

そのなかで、本日分析した銘柄の依頼主であるはるごんサンが、
借入金有利子負債としましょう)の件で、かなり気にされている
ようでしたので、

有利子負債の額が適正か否か?』を判定するための公式を
以下に記したいと思います。

A.企業利潤率

 ■企業利潤率(%)=(税引前利益+支払利息)÷総資本×100

 経理上でもちられている指標です。
  ・企業利潤率<借入金の利率 ・・・借入金を抑えたほうが良い
  ・企業利潤率>借入金の利率 ・・・借入金を用いた企業拡大が可能
 と判断されるようです。
 
 ただ、【借入金の利率】なんて簡単には分からないですよね(^^ゞ。


B.D/Eレシオ

 ■D/Eレシオ(倍)=有利子負債÷資本合計

 この数値が1倍を超えると、資金調達にかなりの負担を
 強いられていると判断できるようです。

 (正直、この指標を知らないうちに活用していました)

 厳密に見るならば、分母は【利益剰余金】にすべきかも。
 これで1倍を超えれば「超過債務の恐れあり」ですからね。


 ■ネットD/Eレシオ(倍)
      =(有利子負債-現金預金)÷資産合計

 という計算方法もあるようですが、どう見ても株主に
 不利な公式に見えますね~。


 ちなみに私は、損益計算書において

 ■経常利益対支払利息影響率(%)
      =支払利息÷(支払利息+経常利益)

 という計算を行い、
  「せっかくの利益を余計な支出で大きく減らしていないか」
 判断しています。

 この値が20%を超えるようであれば、手を引っ込めますね(笑)


恐らくは、決算書分析を行っている方の中には
  「こんな演算使っているよ~」
という方もいらっしゃるかと。

もし、機会がありましたら教えていただけると幸いです。
スポンサーサイト



△TOP△| | |

「高配当性向」は良い?悪い?

お値打ち株の見つけ方【2006/09/11 23:00】

はるごんサンからいただいたコメントより、抜粋です。

株主の方には、是非とも興味を持っていただいて、議論する中で
「なるほど」という結論を持っていただけたら幸いと思い、
記事に使わせていただきました。


(高配当性向の企業分析をしたときにいただいたコメント)

配当が高すぎる企業について、
本来企業活動の拡大のために回すべき資金
配当に回すことへの疑問をよく耳にします。



さて、この件に対してワタクシ的意見を読む前に、
少し知識を仕入れていただきたいと思います。

--------------------

配当性向
 企業が当期純利益のうち、どれだけを配当金の支払いに
 向けたかを示す指標。

 配当性向=「1株当たり配当額」
     ÷「1株当たり当期純利益」×100


当期純利益
 その年度における、企業の最終的な「儲け」。


最終的には、
 ・当期純利益
 ・前期繰越利益(当期より前に積み上げられていた利益)
 ・状況に応じて取り崩した【任意積立金】

この合計額から、配当金を割当てることが出来ます。

ただし、場合によっては利益剰余金、すなわち
 ・利益準備金
  (商法によって定められた用途の為に積み立てられる)
 ・任意積立金
  (今後の企業運用で取り崩す可能性のある積立金)
 ・未処理分利益
  (翌期に前期繰越利益となる)

へ割り振る必要があります。
もし、利益剰余金の積み上げを重視するのであれば、当然、
配当金の量を減らす必要があります。


・・・今回の件に関する知識はこの辺までにしましょうか。
(興味が膨らんだ方は、簿記や経理について調べると、もっと視野が
広がると思いますよ♪)

--------------------



ワタクシ的には、配当性向が高い企業に対して危惧するには、
「条件」をそろえる必要があると思っています。

その「条件」次第で、
「気にする必要のない企業」と「危惧しなければならない企業」
に分かれるものだ、と。

例えば、十分な設備と健全な財務体制、そして活気ある収益が
そろっている企業。
もし、そのような企業であれば、配当性向がいくら高まっても、
リスク管理(※)さえ誤らなければ、
問題ないと思います。
(※今後発生するかもしれない損害に耐えうる財務体制、もしくは
損害を出さないための危機管理)


逆に、設備等に問題があり財務バランスが悪い、もしくは
十分な収益をあげられない企業。
そのような企業が、財務や収益改善の為に資金を回すことなく
「株主様のために」
なんて上目遣いで配当性向を高めるのであれば、これほど
恐ろしいことはありません。
そもそも、リスクもへったくれもないんですから。



恐らく
 『配当性向が高いことについて危惧している』
とどの企業に対しても当てはめようとする意見は、
定性分析」と「定量分析」のどちらか片面のみで
見られた考え方のような気がします。
(そうでないのであれば、「危惧すべき条件」についての
注釈をつけるべきです)











・・・本当は、この辺に関する「ワタクシ的意見」はもっと
続くのですが、ちょうど前回のメルマガで触れた内容にかぶって
しまうので、ここでは控えさせていただきます。
(メルマガ読者以外の方、本当にゴメンナサイ。
まだ未登録&未読の方であれば、無料で読めますので、お試しにどうぞ♪)


さあ皆さんは、どう思われましたか?




【【追記】】
今のところ、決算書分析を行っている中で、リスク管理なしに
配当性向を高めている企業がこれでもか、というくらい
存在している実態には驚かされます。
(すべての企業が該当するわけではないですけどね)

それどころか、利益剰余金が『資産』としては存在していても、
『お金』として存在していない企業も多いです。

本来ならば、これはサプライズ!です。

なのに、まるでサプライズにならない。

さも、普通だといわんばかりの状態に、私は首をひねるのです。



(あ!企業拡大について触れてなかった~。この件は、またそのうちに。)



△TOP△トラックバック:0コメント:6

投資に大事なものって、なんなのさ?

お値打ち株の見つけ方【2006/09/05 22:30】

今週は、なんとなく「自論を展開したい欲」で満ち溢れちょります。

原点回帰?のようですが、株投資に大事なのは、なんでしょう?

投資理論、投資方法などなどありますが、自分が一番大事にしたいのは

   『メンタル・心構え』

です。

特に、

 ■平常心
 ■決断力
 ■あくなき探究心

この3点セットこそが、今ワタクシメが特に求めているものですな。

■平常心
 周りの情報を、「捨てるべき情報」と「拾うべき情報」、
 さらには「もっと詳しく求める情報」と、冷静に振り分ける
 ことが出来る心。

 一時的な揺らぎを「大事態」と極度に恐れて、パニックに
 ならないためにも、必要ですね。


■決断力
 銘柄を『保持する』『手放す』『増やす』『減らす』。
 この判断を行うために、必須な能力ですね。

 また、自分の取っている行動(投資方法など)に疑問を
 持ったとき、すぐに切り替えが出来るかどうか、という点
 でも役立つ能力だと思います。


■あくなき探究心
 これこそが、株投資をいつまでも続けるために必要な
 心構えだと思います。

 「1を知ったら、10を覚えようとする。」
 「100あったら、100を求める」それくらいの意欲。

 この心こそが、愛読している本の言葉を借りると、
 『実行するのに必要なガソリン』
 なわけです。


 これがきちんと備わっていれば、

 ・うまく行けば「何故上手くいったのか?」
 ・失敗すれば「どうして失敗したのか?」

 について自分なりの回答を見つけ出し、成功へと方向修正が
 出来るでしょう。

 どんなに失敗しても、探究心さえ失せなければ、
 必ず「成功の芽」は出てきます。


 あとは、「平常心」と「決断力」をもってしてその芽を
 自分のものにし、更なる「探究心」で、しっかりと
 育てるのです。





こうやって書いてみると、別に「株投資」だけに該当する要素ではないですね。

ただ、どうしても「大きく儲けよう!」という欲望が、口を大きく開けて待ち構えています。
じつは、その欲望の根底は『簡単に♪』というコトバが潜んでいるのだと感じます。


これに対抗するためには、どうしても先ほどの3点セットの力を借りることが必要でしょう。


そして、【平常心】【決断力】【あくなき探究心】がかね備わっている人は、いかなる 投資方法、投資理論であっても、負けることはないだろう(最後には勝てる、ということです)、とも思っています。


△TOP△トラックバック:0コメント:2

本ブログは活発な意見交換を望んでいます。

お値打ち株の見つけ方【2006/08/29 22:30】

siferさんが名糖運輸の分析記事についての、ご自身の 意見を
ブログで書いてくださいました。

[[ 引用 ]]

tanezeniさん の決算書分析で、名糖運輸 が出ています。

ここは、優待銘柄として 早くからお付き合いのある銘柄です。

業績は派手さがない分、株価も変動が少ないです。

優待内容の あとひき豆 が秀逸ですので、放置してあります。

コメントは、辛口な内容ですが、私は安定を求めている銘柄なので、
あまり気にしていません。


冷静に見れば的確なコメントだと思います。

今後も安定的にいくらかの利益を出して行ってくれれば、 私は満足です。


この文章、私にとって非常に「ありがたい」と感じました。


おそらく、私のブログへ訪れてくださる方の多くは、
銘柄分析の記事を読んで「お値打ちか否か」を判断されて
いらっしゃることと、思われます。
(その分析を参考にしていただいた結果が、その方に利益をもたらした
としたならば、それは素直に喜ばしいことです)

しかし、私自身が一番ありがたく感じるのは、その分析に対して
「私はこう思う」と、意見してくださることです。


記事に関しては、決算書を公式に当てはめて分析したデータを
用いてコメントを書いているとはいえ、その内容が100%正しい、
とは言い切れないはずです (個人的感情な文章も多いしねぇ~)


もし、その意見が賛同であれば、自信をもてますし、
反論であれば、その方の考え方や、自分の見落としている点を
見直そうとする「気づき」を生むことが出来ます。


また、「疑問・不明点」を投げかけていただけることも、
返答する上で、自分の知識が足りているか不足しているか
(不足していたら「こっそり」調べて覚えています(^^ゞ)
確認できてありがたいものなのです。


今回のsiferさんの記事からは、

「投資家として大切なマインド」
(自分が「これだ」と信じた理由が続く限り、
簡単に手放さないという意思。)

を、ありがたく学ばせていただきました♪感謝デス!




△TOP△トラックバック:0コメント:0

暑中見舞い申し上げいたします

お値打ち株の見つけ方【2006/08/22 00:00】

本ブログにお立ち寄りくださり、ありがとうございます。

ただ今、夏休みにて更新は停止していますが、
投資に関する情報を、各種そろえておりますので、
そちらのほうをお楽しみ下さい♪
(あなたの株取引に少しでもお役に立てれば幸いです)



 ■ファイナンス情報について
  →YAHOO!FINANCE
  →Livedoor FINANCE
  →INFOSEEK マネー
  →MSN マネー

 ■決算書・銘柄分析について
  →決算書分析の羅針盤(業界情報サイトへのリンク追加♪)

 ■決算書分析データ【現在 279社 掲載中】
  →決算書分析済み銘柄リスト

豪華(?)3大チビター集結!



△TOP△トラックバック:0コメント:2

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。