お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップ2007年03月

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

(6819)オメガプロジェクト・ホールディングスの決算書分析

決算書DE企業分析!【2007/03/29 21:35】

決算書分析済み銘柄リストへ


(6819)オメガプロジェクト・ホールディングス

【 おめがぷろじぇくとほーるでぃんぐす 】

■事業内容

旧ボディソニック、映画事業から投資事業に軸足。広義の上場グループ会社にユニオンHD

■財務諸表分析表(3期分)

決算期 ’04/03期 ’05/03期 ’06/03期
売上高 ¥1,896 ¥1,540 ¥4,019
営業利益 ¥-2,666 ¥-938 ¥1,187
営業利益率 -140.6% -60.9% 29.5%
経常利益 ¥-2,828 ¥-902 ¥1,146
流動比率 246.6% 816.0% 1,436.7%
総資産 ¥5,080 ¥6,279 ¥11,677
自己資本比率 38.7% 89.1% 93.3%
総資本経常利益率 -55.7% -14.4% 9.8%

(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細

■短評

■収益性

・05年03月期までは損失計上の体制が続いた。06年03月期に大きく反転、一気に増収増益へ
原価比率が184.4→118.7→45.6%と脅威の変化を見せる
販管費比率も56.2→42.2→24.9%、大幅な圧縮が続く
・経常利益に対する支払利息の影響力は2%未満にまで低下。この状態を保つことが出来るようにがんばって欲しいところ

■企業収益力

・儲け力は9.8%まで急上昇!。。。それ以前の-14~-50%って一体。。。
・企業規模の拡大に拍車がかかっている。今期の動向は要チェック、か?

■財務バランス

・流動比率は1,000%を大きく上回るまでに変化。現状では、財務バランスの良し悪しどころか善し悪しも判断できない。こちらも今期以降の決算が決め手になりそう

■財務安全性

・自己資本比率は90%台に到達。が、減資と増資を繰り返している点には、財務安全性と戦略性に疑問符を付けざるを得ない
剰余金はマイナスからプラスへ。ただし、資本金を大きく下回っている

■備考

・決算書の内容は、一見すると収益の回復に喜びたくなるものの、実益は増資を主とした財務活動での収入によるところが大半だ
・V字回復というには、収入面の安定化が認められてなければ!

■ファイナンス情報

最新の株価はYahoo!ファイナンスでチェック!
割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!

スポンサーサイト



△TOP△| | |

(6820)アイコムの決算書分析

決算書DE企業分析!【2007/03/29 20:15】

決算書分析済み銘柄リストへ


(6820)アイコム

【 あいこむ 】

■事業内容

無線機専業。アマチュア無線、陸上業務・海上用に続き無線技術活用のネットワーク機器に注力

■財務諸表分析表(3期分)

決算期 ’04/03期 ’05/03期 ’06/03期
売上高 ¥26,145 ¥30,031 ¥30,771
営業利益 ¥3,303 ¥4,983 ¥4,805
営業利益率 12.6% 16.6% 15.6%
経常利益 ¥2,876 ¥5,317 ¥5,750
流動比率 676.6% 612.2% 596.9%
総資産 ¥40,590 ¥44,305 ¥48,545
自己資本比率 87.3% 87.2% 86.2%
総資本経常利益率 7.1% 12.0% 11.8%

(注:金額欄は百万円単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細

■短評

■収益性

・増収増益が続く。売上高対営業利益率は06年03月期に一歩後退だが、15%オーバーは立派
原価比率は圧縮がしっかりと進み、営業利幅の拡大に貢献
販管費比率が28.5→26.9→28.7%と、一時圧縮も翌期にリバウンドしてしまった
・経常利益に対する支払利息の影響力は無風状態、販管費の見直しが今後のカギか?

■企業収益力

・儲け力は二ケタ台に到達、その後は高いパワーを維持している
・企業規模の拡大も着々と進んでいるが、利益とのバランスにはご注意を!

■財務バランス

・流動比率は500%超と、あふれんばかりのうるおいを見せつけている
・流動資産に占める現預金比が67.8→56.8→66.9%としっかり。支払い余裕比率400%は驚きの一言!
・未回収金比、棚卸資産比は20%を超えないようにしっかりと手綱を引いている点も魅力的だ

■財務安全性

・自己資本比率は85%超を常に維持。ゆるぎない財務基盤を形成している
剰余金は順調に積み上がりをみせ、借入金に頼ることの無い資金繰りまで披露している

■備考

・販管比率に課題を残すも、他の部分については極めて優秀な決算内容
決算短信では、このまま国内生産を堅持してゆくことを明言。国内経済のことまで意識している?

■ファイナンス情報

最新の株価はYahoo!ファイナンスでチェック!
割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!




△TOP△| | |

(6821)バーテックス スタンダードの決算書分析

決算書DE企業分析!【2007/03/29 19:22】

決算書分析済み銘柄リストへ


(6821)バーテックス スタンダード

【 ばーてっくすすたんだーど 】

■事業内容

業務用無線メーカー。航空・海上無線機にも参入。デジタル通信技術に強み。FA・OA分野も

■財務諸表分析表(3期分)

決算期 ’04/03期 ’05/03期 ’06/03期
売上高 ¥22,494 ¥19,550 ¥20,267
営業利益 ¥1,317 ¥733 ¥935
営業利益率 5.9% 3.7% 4.6%
経常利益 ¥246 ¥855 ¥1,470
流動比率 178.0% 193.7% 259.5%
総資産 ¥24,744 ¥22,257 ¥21,605
自己資本比率 54.2% 61.7% 67.6%
総資本経常利益率 1.0% 3.8% 6.8%

(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細

■短評

■収益性

・売上高は05年03月期に苦戦、翌期は小幅回復へ。利益は連続増益だが、売上高対営業利益 率は利益どおりには推移していない
原価比率は62.8→60.3→58.9%と圧縮が進む。利幅の拡大に一役買えそうなのだが。。。
販管費比率の上昇が止まる気配無く、営業利幅の拡大を阻む
・経常利益に対する支払利息の影響力は15.8→6.7→2.7%と低下が続く。ただし、額面的圧縮につながっていない

■企業収益力

・儲け力は超低空域から徐々に上昇、06年03月期は基準値を突破した
・パワーアップの背景として、企業規模のスリム化も一役買っているようだ

■財務バランス

・流動比率は基準値を上回り、さらに上昇が続く。06年03月期は250%超に!
・流動資産に占める現預金比は20%を少し上回ったところで横ばい気味。支払余 裕比率は60%まで上昇しているが、通常業務に余裕を持たせるためにも、もう少し比率を高めたい
・未回収金比が30%近辺、棚卸資産比が40~45%と、双璧をなしている。少しずつでも崩して現預金へ回したい

■財務安全性

・自己資本比率は60%オーバーへ。安全圏をしっかりとキープ
剰余金の積み上がりと総借入金の圧縮が着々と進み、資金繰りが良い方向へ進んでいる
・あとは、剰余金が資本金と差が無い状態なので、積極的に積み増したい

■備考

・資金繰りと販管費の圧縮に難ありか?売上高に対して棚卸資産がうまく連動していない点も気になる
決算短信では、基本方針として
  『効率的なグループ経営の確立』
  『少量多品種生産における製造コストの改善』
 を掲げているが、その方針に沿っているのかどうか、今一度決算書推移を見直す必要があるのでは?

■ファイナンス情報

最新の株価はYahoo!ファイナンスでチェック!
割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!




△TOP△| | |

(2301)学情の決算書分析

決算書DE企業分析!【2007/03/28 09:50】

決算書分析済み銘柄リストへ


(2301)学情

【 がくじょう 】

■事業内容

新卒向け就職情報専業首位。東名阪等で合同企業説明会「就職博」開催。第2新卒用就職サイトも

■財務諸表分析表(3期分)

決算期 ’04/10期 ’05/10期 ’06/10期
売上高 ¥2,665 ¥3,625 ¥4,467
営業利益 ¥512 ¥795 ¥1,231
営業利益率 19.2% 21.9% 27.6%
経常利益 ¥541 ¥822 ¥1,277
流動比率 340.4% 775.6% 708.2%
総資産 ¥3,265 ¥6,348 ¥7,188
自己資本比率 73.5% 85.2% 84.5%
総資本経常利益率 16.6% 12.9% 17.8%

(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細

■短評

■収益性

・増収増益が続く。売上高対営業利益率の上昇幅に勢いあり
原価比率が46.7→44.6→39.4%と圧縮が進み、営業利幅の拡大に大きく貢献
販管費比率も34.1→33.4→33.0%と、こちらもきちんと圧縮
・経常利益に対する支払利息の影響力は、ほぼ無風状態に。しっかりと儲けを確保だ!

■企業収益力

・儲け力は05年03月期に企業規模の拡大が利益上昇を大きく上回り、一時低下
・とはいえ、約13%という好成績を維持、翌期はさらに大きくパワーアップ!

■財務バランス

・流動比率は700%超という、桁違いのうるおい。キャッシュ重視に拍車が掛かった?
・流動資産に占める現預金比は80~90%、支払余裕比率が600%超は驚異的な状態だ!
・未回収金比が10%、棚卸資産比が1%未満と極めて低い状態に

■財務安全性

・自己資本比率は80%超。もはや、何も言うことはない財務基盤の厚さを見せ付けている
剰余金の積み上がりは当然のごとくしっかり、総借入金はゼロベースに削減だ

■備考

・収益性、財務状態ともに例を見ない状態、文句なし。まさに「ウハウハ」といったところか
決算短信でも、業界ならびに業務の好調さを匂わせている。その状況の中、さらなるコストの見直しによる収益拡大を目指しており、活気の高さも垣間見ることが出来る

■ファイナンス情報

最新の株価はYahoo!ファイナンスでチェック!
割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!




△TOP△| | |

(1725)フジタの決算書分析

決算書DE企業分析!【2007/03/28 07:49】

決算書分析済み銘柄リストへ


(1725)フジタ

【 ふじた 】

■事業内容

広島発祥で建築主力、再開発に強み。GSキャピタルなどファンド傘下で出直しへ

■財務諸表分析表(3期分)

決算期 ’04/03期 ’05/03期 ’06/03期
売上高 ¥303,239 ¥319,588 ¥323,830
営業利益 ¥11,655 ¥10,100 ¥7,891
営業利益率 3.8% 3.2% 2.4%
経常利益 ¥5,246 ¥4,037 ¥5,721
流動比率 93.6% 66.8% 114.1%
総資産 ¥380,807 ¥267,616 ¥224,680
自己資本比率 8.2% -43.5% 13.2%
総資本経常利益率 1.4% 1.5% 2.5%

(注:金額欄は百万円単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細

■短評

■収益性

・増収が続くも、利益は波がある。売上高対営業利益率は低下が続き、本業に苦戦の色がまざまざと見える
原価比率が90.1→91.5→92.6%と高水準、かつ上昇に歯止めが掛からない
販管費比率を6.1→5.4→5.0%と圧縮も、原価の上昇を吸収し切れていない
・経常利益に対する支払利息の影響力が06年03月期の時点で23.3%。自分に置き換えて、手取り年収のうち23%も利息で奪われることを考えれば。。。

■企業収益力

・儲け力は少しずつ回復をみせており、超低空域から脱出。ただし依然、企業規模の半分程度のパワーにとどまる
・企業規模は急速なスリム化が進む。度が過ぎて衰退にならないように!

■財務バランス

・流動比率は基準値を下回る状態で乱高下。06年03月期は100%を上回ったが、翌期がどうブレるのかまったくわからない
・流動資産に占める現預金比が7.7→8.5→28.5%と急回復。ただし、支払余裕比率が未だ33%程度と、予断は許されない
・棚卸資産比が39.9→27.1→9.3%と急速に圧縮、その幾分かが現預金比へシフトされたような感じだ
・未回収金比は50~60%と、勢力の高さを堅持。営業能力の見直しが進んでいない証拠か?

■財務安全性

・自己資本比率は、一時マイナスへ陥り、06年03月期に13%まで回復。とはいえ「倒産」の文字は遠ざかっていない
剰余金がプラスに回復。ただし、本業による利益の積み上がりではない。。。
・総借入金は金融機関からの債務免除という特例によって、急速に圧縮へ。資本合計に対して5.5→0.1倍となり、ハイリスク状態はひとまず遠ざかった

■備考

・瀬戸際の状態から、なんとか生き残ったが、厳しい財務は依然変わらず
・資産の変動が激しく、そちらを持ちこたえさせるために、本業がおろそかとなっているのか?
決算短信では、
  『08年03月期の時点で株主資本比率を19%以上にする』
 という、かなり慎重というべきなのか、消極的に見える目標に止めている
・そんな状況でありながら
  『財務体質上の課題を根本的に解決できた』
 と楽観視している経営陣。こちらが根本的に解決できていないのでは?!

■ファイナンス情報

最新の株価はYahoo!ファイナンスでチェック!
割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!




△TOP△| | |

(6822)大井電気の決算書分析

決算書DE企業分析!【2007/03/27 20:45】

決算書分析済み銘柄リストへ


(6822)大井電気

【 おおいでんき 】

■事業内容

無線通信機器や情報通信機器が柱。電力向け監視装置にも展開。三菱電機系

■財務諸表分析表(3期分)

決算期 ’04/03期 ’05/03期 ’06/03期
売上高 ¥28,869 ¥30,885 ¥30,092
営業利益 ¥-239 ¥578 ¥272
営業利益率 -0.8% 1.9% 0.9%
経常利益 ¥-762 ¥573 ¥262
流動比率 157.5% 173.8% 190.1%
総資産 ¥21,310 ¥21,048 ¥20,417
自己資本比率 39.8% 42.2% 44.1%
総資本経常利益率 -3.6% 2.7% 1.3%

(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細

■短評

■収益性

・05年03月期に損失から脱したものの、翌期は再度低迷。売上高対営業利益率に 安定感が無い
原価比率は86.8→85.5→84.7%と順調に圧縮が進む
販管費比率の変動が激しく、利幅の低迷を招いている
経常利益に対する支払利息の影響力は5%程度と抑えているが、営業外費用全体が30%超の利益押し下げとなっており、苦しい状態になっている

■企業収益力

・儲け力は基準値にまで上昇することなく、低域で乱高下か?
・企業規模はジリジリとスリム化?縮小?衰退?

■財務バランス

・流動比率はは基準値をきちんとキープ、徐々に上昇へ
・流動資産に占める現預金比は17.4→15.1→18.7%と低め。支払余裕比率 も40%に満たず、リスクが高め
・対する未回収金比は50%近辺をキープ、営業活動にて、資金回収という活動をきちんと遂行できているか?
・また棚卸資産比も20%超と、現預金比を常時上回っている

■財務安全性

・自己資本比率は徐々に指数を上げ、安全圏の40%台に到達
剰余金は順調に積み上がり、06年03月期には大きく増加
・総借入金の圧縮は一服も、資本合計に対して0.2倍と心配するほどではない

■備考

・販管費の不安定さと、売上金の回収能力が思わしくない点に、共通の原因がありそうな気がする
決算短信では、まだまだ改善する点があると素直に認めているが、根本的な原因が見えているのかは不透明か
・企業体質の強化→インフラの強化という構図だけで突き進むことは危険では?

■ファイナンス情報

最新の株価はYahoo!ファイナンスでチェック!
割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!




△TOP△| | |

(6823)リオンの決算書分析

決算書DE企業分析!【2007/03/27 07:06】

決算書分析済み銘柄リストへ


(6823)リオン

【 りおん 】

■事業内容

補聴器はシェアトップ。系列販売店に強み持つ。医用計測器や騒音等計測器にも展開

■財務諸表分析表(3期分)

決算期 ’04/03期 ’05/03期 ’06/03期
売上高 ¥18,021 ¥18,541 ¥19,134
営業利益 ¥685 ¥828 ¥1,326
営業利益率 3.8% 4.5% 6.9%
経常利益 ¥543 ¥673 ¥1,140
流動比率 232.7% 206.0% 197.9%
総資産 ¥23,284 ¥23,544 ¥23,917
自己資本比率 37.9% 38.7% 40.7%
総資本経常利益率 2.3% 2.9% 4.8%

(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細

■短評

■収益性

・増収増益が続く。売上高対営業利益率の伸びに勢いあり
原価比率が57.6→56.8→55.1%と営業利幅拡大の旗振り役に
販管費比率も38.6→38.7→38.0%と、圧縮体制に差し掛かったか?
・経常利益に対する支払利息の影響力が22.7→15.3→7.8%と圧縮傾向ながら、高めの状態が続く。額面的圧縮が進んでいるので、あと2~3期後には安心できそう?

■企業収益力

・儲け力は基準値並みのパワーまであと一歩の状態。無駄な支出が痛いかも
・企業規模の拡大はジリジリと進捗。大きな変化はパワーダウンにつながりかねないので、しばらくはこの状態を維持したほうが良さそう

■財務バランス

・流動比率は基準値の150%を大きく上回る。が、年々その数値は低下傾向
・原因の一つに、長期借入金の返済分が流動負債へシフトされていることがあるようだ
・流動資産に占める現預金比が15.2→11.6→12.4%と低迷。支払余裕比率
・対する未回収金比が45%、棚卸資産比が33%近辺と、双璧を成している。流動資産を見直す余地は、おおいにあり!

■財務安全性

・自己資本比率はじわじわと上昇し、40%に到達
剰余金の積み上がりが順調に進み、総借入金の圧縮も06年03月期に本格化か?
・ただし、資本合計に対する総借入金が0.7倍と、高めであることには変わりない

■備考

・収益は営業利幅の拡大が進み、財務も有利子負債の返済に加速がつき始めている
・ただし、財務バランスは急激な変化による負担が大きいようにも見られ、資産バランスの悪さも目立つ。流動資産の構成と固定資産への資金注入量の見直しを求めたいところ
決算短信では、財務面に関する考えが読み取れないか?『経営基盤の強化』と銘打っているだけに、収益と財務をバランスよく取り組む姿勢を見せて欲しい

■ファイナンス情報

最新の株価はYahoo!ファイナンスでチェック!
割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!




△TOP△| | |

(6824)新コスモス電機の決算書分析

決算書DE企業分析!【2007/03/26 21:00】

決算書分析済み銘柄リストへ


(6824)新コスモス電機

【 しんこすもすでんき 】

■事業内容

家庭用ガス警報器でトップ、シェア5割弱。工業・業務用も展開。センサーの研究・開発力に強み

■財務諸表分析表(3期分)

決算期 ’04/03期 ’05/03期 ’06/03期
売上高 ¥15,504 ¥14,318 ¥14,414
営業利益 ¥1,743 ¥1,165 ¥957
営業利益率 11.2% 8.1% 6.6%
経常利益 ¥1,778 ¥1,211 ¥996
流動比率 422.5% 452.7% 486.5%
総資産 ¥19,966 ¥20,184 ¥20,546
自己資本比率 78.3% 79.9% 81.3%
総資本経常利益率 8.9% 6.0% 4.8%

(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細

■短評

■収益性

・収乳が鈍り、合わせて減益が続き、苦戦中。売上高対営業利益率が11.2→6.6%と大きく後退
原価比率が57.3→58.6→58.3%と、05年03月期に一段高へ
販管費比率も31.4→33.3→35.1%と上昇中。営業利幅をより苦しめる
・経常利益に対する支払利息の影響力はゼロベース。販管費の見直しは必須だ!

■企業収益力

・儲け力が8.9%→4.8%と、およそ半減に。このパワーダウンは痛い!
・そんな状態であっても、企業規模の拡大はじわりじわりと進む。。。

■財務バランス

・流動比率は400%を上回りつつ、さらにうるおいが上昇中
・流動資産に占める現預金比は51.8→50.3→49.6%と高水準。ただし、比率も額面も低下の方向へ。。。
・未回収金比は29%近辺、棚卸資産比は17%付近で揺れ幅がある状態で推移している

■財務安全性

・自己資本比率は80%台へ突入。財務基盤は万全か
剰余金は毎期積み上げを欠かさず実施、総借入金はゼロベースに

■備考

・財務基盤はしっかりしているものの、資産が利益を産む体制になっていない
決算短信では
 『高付加価値の商品戦略、原価の低減及び削減等により、
  営業利益を10%以上にする』
 ことを目標にしているが、決算書の内容はその言葉を反映していない
・有限実行の精神がなければ、営業利益の回復すら厳しい!

■ファイナンス情報

最新の株価はYahoo!ファイナンスでチェック!
割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!




△TOP△| | |

(6826)本多通信工業の決算書分析

決算書DE企業分析!【2007/03/26 09:15】

決算書分析済み銘柄リストへ


(6826)本多通信工業

【 ほんだつうしんこうぎょう 】

■事業内容

コネクター専業。通信情報機器向け多極コネクター主柱。民生機器分野の拡大が課題

■財務諸表分析表(3期分)

決算期 ’04/03期 ’05/03期 ’06/03期
売上高 ¥13,266 ¥13,872 ¥14,599
営業利益 ¥22 ¥356 ¥769
営業利益率 0.2% 2.6% 5.3%
経常利益 ¥-248 ¥185 ¥922
流動比率 157.0% 166.3% 185.4%
総資産 ¥13,666 ¥13,601 ¥14,107
自己資本比率 46.2% 47.7% 50.3%
総資本経常利益率 -1.8% 1.4% 6.5%

(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細

■短評

■収益性

・05年03月期、損益状態から脱出、増収増益が続く。売上高対営業利益率が急拡 大
原価比率が80.2→78.3→75.9%と圧縮著しく、営業利幅拡大のけん引役に
販管費比率も小幅圧縮が続いているbr> ・経常利益に対する支払利息の影響力は06年03月期に35→8%と大幅に軽減。ただし、まだ十分に安心できる数値ではない上に、額面的圧縮も不十分だ

■企業収益力

・儲け力はマイナスから反転→基準値の5%を突破、6%台へ。一気に形勢逆転だ
・企業規模の拡大も、一時抑制→利益の状況をうかがってから拡大と、良い方向へ

■財務バランス

・流動比率は基準値の150%を常時上回っており、さらにうるおいを高まり始めている
・固定資産への資金注入を抑え、流動資産へ回していることが、要因の一つのようだ
・流動資産に対する現預金比が15.9→22.3→24.2%と改善方向へ。支払余裕比率 が25→45%まで回復だ
・一方、未回収金比は49.2→45.7→46.2%と、いまだその勢力は健在。営業活動の見直しは必須か
・棚卸資産比が32.3→29.0→26.7%と圧縮著しく、現預金比の拡大に貢献

■財務安全性

・自己資本比率は50%台に突入。指数的には安全圏を確保
剰余金の積み上がりが順調、総借入金の圧縮も着々と進められている ・資本合計に対する総借入金は0.6→0.5→0.4倍と、資金繰りに改善の兆し。ただし、まだ気を許せる状態には至っていないので、ご注意を

■備考

・過去にしっかりと蓄えていた剰余金と、資産配分の見直し策が、利益の不調期を救ったものと考えられる
決算短信では課題が残されている収益について、重点的に参入すべき市場を見据えながら『革新』をテーマに記している。なかなかに、その想いが伝わって くる文章だ

■ファイナンス情報

最新の株価はYahoo!ファイナンスでチェック!
割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!




△TOP△| | |

(6827)東北パイオニアの決算書分析

決算書DE企業分析!【2007/03/25 22:05】

決算書分析済み銘柄リストへ


(6827)東北パイオニア

【 とうほくぱいおにあ 】

■事業内容

パイオニア子会社。車載用スピーカーやCDメカニズムが主力。有機EL事業等も展開

■財務諸表分析表(3期分)

決算期 ’04/03期 ’05/03期 ’06/03期
売上高 ¥88,599 ¥93,334 ¥88,609
営業利益 ¥5,149 ¥3,884 ¥1,248
営業利益率 5.8% 4.2% 1.4%
経常利益 ¥2,873 ¥1,531 ¥380
流動比率 232.9% 224.3% 182.8%
総資産 ¥81,557 ¥71,727 ¥84,009
自己資本比率 61.0% 69.9% 44.9%
総資本経常利益率 3.5% 2.1% 0.5%

(注:金額欄は百万円単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細

■短評

■収益性

・収益は山あり谷あり、利益は減少に歯止めが掛からない。特に06年03月期、売上高対営業利益率の低下が著しい
原価比率は84.0→86.0→87.0%と、営業利益圧迫の最大要因に
販管費比率も10.1→9.8→11.6%と反発。売上高に対応できない姿が浮き彫りに
・経常利益に対する支払利息の影響力は1.6→2.9→32.1%と高まっている!06年03月期は額面的にも4.5倍の上昇。これはいただけない!

■企業収益力

・儲け力は基準値に触れることなく降下中。地表スレスレの位置にまで来ている
・そんな中、企業規模の縮小はままならず、06年03月期は前期のスリム化を打ち消す形に。。。

■財務バランス

・流動比率は基準値の150%をゆうに上回り、高いうるおいを見せている
・だが、06年03月期は長期投資へ繰越税金資産を計上を大きく計上。見せ掛けの会計術に終始か?
・ただし、流動資産に占める現預金比が32.4→24.9→19.6%と著しい低下。支払余裕比率は40%を割り込んだ
・未回収金比が25.9→35.5→38.3%と最大勢力に。売上金の回収能力が鈍り始めた?

■財務安全性

・自己資本比率が不安定な推移。40%以上の指数は安全圏とみなされるものの、その本質は。。。!?
剰余金が06年03月期に半減!代わりに総借入金が¥7,307→¥29,341百万円と増加
・資本合計に対する総借入金の割合も0.1→0.8倍と一気に高まり、よりリスクの高い資金繰り体制へ自ら突き進んでいる

■備考

・窮地に追い込まれた資金繰りとコストの圧迫。これは社内的問題が多大に関与している気がする
決算短信からも、『05年12月にアクティブマトリクス型有機ELディスプレイの量産化中止によって、多大な損失を計上』と報告しているように、先を読む(もしくはマーケティング)力の低さが際立つ
・誠実な報告は受取れるが、「このままではいけない!」という危機感が伝わってこないのだ。。。

■ファイナンス情報

最新の株価はYahoo!ファイナンスでチェック!
割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!




△TOP△| | |

(4094)日本化学産業の決算書分析

決算書DE企業分析!【2007/03/25 12:02】

決算書分析済み銘柄リストへ


(4094)日本化学産業

【 にっぽんかがくさんぎょう 】

■事業内容

無機化学薬品大手。メッキ薬など独占商品多い。建材、鎧戸など金属加工品を拡充中

■財務諸表分析表(3期分)

決算期 ’04/03期 ’05/03期 ’06/03期
売上高 ¥14,050 ¥16,977 ¥18,121
営業利益 ¥1,468 ¥1,790 ¥2,094
営業利益率 10.5% 10.5% 11.6%
経常利益 ¥1,527 ¥1,931 ¥2,361
流動比率 341.3% 307.3% 277.4%
総資産 ¥18,517 ¥19,651 ¥22,182
自己資本比率 76.0% 76.1% 75.2%
総資本経常利益率 8.2% 9.8% 10.6%

(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細

■短評

■収益性

・増収増益が続く。売上高対営業利益率は続伸、06年03月期は1%アップと大きく 伸びた
原価比率は75.3→77.2→76.7%と、05年03月期の高騰がやや痛いか?
販管費比率が14.2→12.2→11.8%と奮闘。原価高騰分をカバー
・経常利益に対する支払利息の影響力は常時1%未満と、無駄な支払いに目を光らせている

■企業収益力

・儲け力も順調にパワーアップを続けており、06年03月期はふた桁台へ
・企業規模の拡大も着々と進んでおり、業務の好調さをアピール

■財務バランス

・流動比率は200%を大幅に上回り、高いうるおいを示す。ただし、年々指数は低下傾向
・その原因として、固定資産への資金注入が活発であることが挙げられそう。特に長期投資への資金配分比率が高い ・流動資産に占める現預金比が36.5→29.1→29.1%と、勢力の弱まりを見せる。 支払余裕比率は80%超と高い状態を維持しているが、100%は割ってしまった
・対する未回収金比が43.4→47.0→47.8%と上昇著しいか?こちらの資金を積極的に、別の資産へ振り分けたいが。。。
・棚卸資産比も17.2→20.8→20.3%と一段高へ。資産バランスの見直しが迫りつつある?

■財務安全性

・自己資本比率は75%付近と、安全圏の高い位置をしっかりキープ
剰余金の積み上がりが順調に進み、収益面の順調さをここでも示す
・総借入金も額面の変化は少ないが、資本合計に対して0.1倍未満と、必要以上の借入れをしないように資金繰りを行なっている

■備考

・総合的には順調な業績の推移を決算書から見ることが出来る
・反面、収益面では原価比率、財務面で資金回収能力と在庫管理能力、また資産配分にリス キーさが出始めていないだろうか?
決算短信ではISO9001取得による品質保証体制強化への取り組みをアピールしているが、決算書の内容(推移)はその取り組みとはやや離れた結果に
・調子の良い今だからこそ、もう一度、細かい部分から社内を見直していただきたい

■ファイナンス情報

最新の株価はYahoo!ファイナンスでチェック!
割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!




△TOP△| | |

(4063)信越化学工業の決算書分析

決算書DE企業分析!【2007/03/25 09:41】

決算書分析済み銘柄リストへ


(4063)信越化学工業

【 しんえつかがくこうぎょう 】

■事業内容

化学肥料発祥で事業転換成功、塩ビ・半導体ウエハ世界首位、ケイ素樹脂も大手。収益力に定評

■財務諸表分析表(3期分)

決算期 ’04/03期 ’05/03期 ’06/03期
売上高 ¥832,804 ¥967,486 ¥1,127,915
営業利益 ¥125,625 ¥151,735 ¥185,320
営業利益率 15.1% 15.7% 16.4%
経常利益 ¥125,611 ¥151,505 ¥185,040
流動比率 227.1% 235.8% 262.7%
総資産 ¥1,386,210 ¥1,476,244 ¥1,671,274
自己資本比率 66.9% 69.5% 72.3%
総資本経常利益率 9.1% 10.3% 11.1%

(注:金額欄は百万円単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細

■短評

■収益性

・増収増益が続く。売上高対営業利益率は15%オーバーと高水準かつ続伸
原価比率の圧縮が小幅ながらも順調に継続
販管費比率も、原価比に続けとばかりに圧縮が進む
・経常利益に対する支払利息の影響力も3.2→2.0→1.4%と順調に低下。高収益体制に磨きをかける

■企業収益力

・儲け力は05年03月期にふた桁台へ突入。翌期も上昇が続き、11%までパワーアップ!
・企業規模の拡大も着実に進められており、利益とのバランス取りもばっちり

■財務バランス

・流動比率は200%を上回りつつ、うるおいをさらに高めている
・流動資産に占める現預金比は46.1→44.5→47.0%と高水準をマーク。支払余裕比率も100%以上を常時キープ
・未回収金比は30%、棚卸資産比は16%近辺で横ばい状態が続く。未回収金比はもう少し抑えられそうか?

■財務安全性

・自己資本比率は続伸。70%台に突入だ
剰余金の積み上がりがしっかりと続き、総借入金の圧縮も順調に進んでいることが効果大
・資本合計に対する総借入金も0.1倍と、財務安全性は磐石な状態だ

■備考

・収益面と財務面の歯車がガッチリとかみ合い、年を追うごとにより良い決算書状態に推移
決算短信では、自社製品の参入分野の動向をグローバルかつ国単位でしっかりと見定めており、業務の好調に裏付けされた慎重さもうかがわせる
・あとは、化学工場特有の事故に対する防衛策。この点は、きっちりと現場ならびに社内全域で徹底したいところだ

■ファイナンス情報

最新の株価はYahoo!ファイナンスでチェック!
割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!




△TOP△| | |

(6829)ソーテックの決算書分析

決算書DE企業分析!【2007/03/24 22:09】

決算書分析済み銘柄リストへ


(6829)ソーテック

【 そーてっく 】

■事業内容

低価格パソコンに特化。ファブレスで製造。中・台投資ファンドが大株主。業績予想非開示

■財務諸表分析表(3期分)

決算期 ’04/03期 ’05/03期 ’06/03期
売上高 ¥23,286 ¥18,452 ¥19,626
営業利益 ¥-958 ¥-2,042 ¥-1,383
営業利益率 -4.1% -11.1% -7.0%
経常利益 ¥-1,009 ¥-2,076 ¥-1,415
流動比率 157.4% 255.7% 266.5%
総資産 ¥20,431 ¥12,187 ¥9,416
自己資本比率 52.4% 65.9% 62.7%
総資本経常利益率 -4.9% -17.0% -15.0%

(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細

■短評

■収益性

・売上げの推移に大きな波。売上高対営業利益率はマイナスの状態が続く
原価比率は86.4→91.8→90.2%と、05年03月期に一回り高まってしまった
販管費比率も17.7→19.3→16.9%と、安定さにかける
・経常利益に対する支払利息の影響力はゼロに。ただし、そもそも利益を出せる状態にあらず。。。

■企業収益力

・儲け力は当然のごとく皆無。自力でたっていることは出来ない状態
・企業規模は年々縮小方向へ。それでもパワーダウンは続く。。。

■財務バランス

・流動比率は200%超へ上昇。財務状態は良い方向へ向かっている?
・流動資産に占める現預金比が66.6→52.8→54.6%と高水準をキープ。支払余裕比率も軽く100%を上回っている
・対する未回収金比が15→30%、棚卸資産比も15→20%と勢力を拡大。うかうかしていられない

■財務安全性

・自己資本比率は60%台に。ただし、減資と資本剰余金の解消の憂い状態にあっている
剰余金は積み上がることなく、マイナスの数値をさらに拡大方向へ
・総借入金は05年03月期以降ゼロへ。実際には借入できるだけの信用がないためか?

■備考

・まあ、決算書の内容はお粗末。当然、業務の状態もお粗末としか。。。
決算短信では『行き過ぎたファブレス化(社外委託による生産体制)にある』として見直しを始めているものの、いっこうにコスト問題が解決できていないことについては原因究明に至っていない気がする。
・もっと根本的な部分(社内での事業体制、意思統一)そのものに原因があるのでは?

■ファイナンス情報

最新の株価はYahoo!ファイナンスでチェック!
割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!




△TOP△| | |

(6832)アオイ電子の決算書分析

決算書DE企業分析!【2007/03/24 20:11】

決算書分析済み銘柄リストへ


(6832)アオイ電子

【 あおいでんし 】

■事業内容

独立系の電子部品製造。半導体集積回路組立・検査受託が柱。印刷ヘッドや抵抗器の製造も

■財務諸表分析表(3期分)

決算期 ’04/03期 ’05/03期 ’06/03期
売上高 ¥24,753 ¥24,471 ¥26,065
営業利益 ¥2,984 ¥3,103 ¥3,397
営業利益率 12.1% 12.7% 13.0%
経常利益 ¥2,955 ¥3,146 ¥3,521
流動比率 233.2% 265.8% 252.3%
総資産 ¥29,278 ¥30,057 ¥32,646
自己資本比率 71.3% 73.9% 73.6%
総資本経常利益率 10.1% 10.5% 10.8%

(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細

■短評

■収益性

・05年03月期は売上高横ばいも、増益が続く。売上亜d硬い営業利益率が着実に続伸
原価比率は80.1→78.7→78.1%と、利幅拡大に貢献
販管費比率は7.8→8.6→8.9%と、上昇が続く。要注意か?
・経常利益に対する支払利息の影響力が2%未満と、無駄な支出はしっかりと抑制できている

■企業収益力

・儲け力は10%台の大台を堅持。さらに、じわじわとパワーを上げている
・企業規模の拡大も毎期続けており、利益の状態と絶妙なバランスを形成

■財務バランス

・流動比率は200%をゆうに上回っており、うるおい十分
・流動資産に占める現預金比が40%近辺で推移。支払い余裕比率が100%近い状態だ
・一方で、未回収金比が45~50%と、現預金比を常に上回る状態。ここは早期改善を促したいが。。。

■財務安全性

・自己資本比率は70%超を保っており、財務基盤の厚さを誇示
剰余金の積み上がりに、利益の強い勢いを感じ取ることが出来る
・総借入金も小幅ながらも圧縮の手を緩めていない状態。資本合計に対して0.1倍ときっちり手綱を締めている

■備考

・収益、財務の双方にて順調さを垣間見れる
・一方で、【販管費】【売上金の回収】に軟調な気配。課題はこの部分にあり!
決算短信では「財務体質の充実」を経営指標の一つに挙げている点からも、じっくりと上記の問題点に取り組んでいただきたい

■ファイナンス情報

最新の株価はYahoo!ファイナンスでチェック!
割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!




△TOP△| | |

(4290)プレステージ・インターナショナルの決算書分析

決算書DE企業分析!【2007/03/24 07:30】

決算書分析済み銘柄リストへ


(4290)プレステージ・インターナショナル

【 ぷれすてーじいんたーなしょなる 】

■事業内容

損保、カード会社等に特化し、外部委託でCRM(顧客関係管理)サービスなどを提供

■財務諸表分析表(3期分)

決算期 ’04/03期 ’05/03期 ’06/03期
売上高 ¥7,101 ¥8,307 ¥10,041
営業利益 ¥459 ¥1,053 ¥1,299
営業利益率 6.5% 12.7% 12.9%
経常利益 ¥388 ¥1,055 ¥1,207
流動比率 153.4% 160.0% 185.7%
総資産 ¥2,949 ¥4,244 ¥5,248
自己資本比率 43.5% 46.6% 55.1%
総資本経常利益率 13.2% 24.9% 23.0%

(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細

■短評

■収益性

・増収増益が続く。05年03月期に売上高対営業利益率が倍増、翌期も維持している
原価比率は75.5→73.8→74.1%と、05年03月期に大幅圧縮に成功
販管費比率も18.1→13.5→13.0%と、軽快に圧縮が進む
・経常利益に対する支払利息の影響力は2.4→0.8→0.6%と低下傾向。額面的圧縮も徐々に進んでいる

■企業収益力

・儲け力は20%を大きく突き抜けた!かなり強力なパワーを擁している
・企業規模の拡大も著しい中で、これだけのパワーを引き出せているのはすごい!

■財務バランス

・流動比率は基準値の150%ラインから徐々に上離れ始めている
・流動資産に占める現預金比が35.1→56.1→50.4%と、資金にゆとりが。支払余裕比率が54→90%台と、負債に対するリスクも軽減される結果に
・未回収金比が42.2→31.8→32.4%と一段圧縮へ
・さらに棚卸資産比は常時1%未満と、在庫の心配なし?!

■財務安全性

・自己資本比率が55%にまで上昇、安全圏に突入後も、上昇は続く
剰余金は05年03月期にマイナスからプラスへ。そのまま利益の勢いを借りて、一気に資本金額を上回った
・総借入金は着々と圧縮、資本合計に対して0.4→0.2→0.1倍と、危機感が軽減され続けている

■備考

決算短信にも触れられているが、固定費(原価費)と販管費の双方で圧縮努力をおこたらなかったことが05年03月期以降の結果を生んだ
・また、人員育成を目的とした設備投資へも注力。こちらの結果も大きいことを主張している
グローバル進出の意欲も強いが、そのために『自社が取得していないノウハウの取得が不可欠』と、堂々と申告。この「高い目標と慎重な姿勢」のバランスが強い企業を築く秘訣か?

■ファイナンス情報

最新の株価はYahoo!ファイナンスでチェック!
割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!




△TOP△| | |

(6833)日本電産リードの決算書分析

決算書DE企業分析!【2007/03/23 19:50】

決算書分析済み銘柄リストへ


(6833)日本電産リード

【 にほんでんさんりーど 】

■事業内容

日本電産の子会社、電子回路の通電検査装置が主柱でシェア4割程度とトップクラス

■財務諸表分析表(3期分)

決算期 ’04/03期 ’05/03期 ’06/03期
売上高 ¥3,820 ¥4,898 ¥6,181
営業利益 ¥427 ¥715 ¥984
営業利益率 11.2% 14.6% 15.9%
経常利益 ¥437 ¥750 ¥1,061
流動比率 300.7% 308.6% 307.4%
総資産 ¥5,718 ¥6,238 ¥7,485
自己資本比率 70.6% 71.3% 68.9%
総資本経常利益率 7.7% 12.0% 14.2%

(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細

■短評

■収益性

・増収増益が続く。売上高対営業利益率が右肩上がり!
原価比率は64.7→67.3→69.4%と上昇止まらず、苦戦が続く
・一方で販管費比率の圧縮に勢いあり。原価上昇分を吸収している
・経常利益に対する支払利息の影響力は無風。そろそろ原価見直しに着手したい

■企業収益力

・儲け力はふた桁台を突破し、さらに続伸中
・企業規模の拡大に勢いのある中でのパワーアップは好印象♪

■財務バランス

・流動比率は300%台を常にキープ。うるおいたぷりの状態が続く
・流動資産に占める現預金比が22.0→37.4→29.3%と変動激しい。もう少し、高い基準で安定化を望みたいが。。。
・対する未回収金比が48.3→33.9→42.9%と、一時、現預金比を下回ったが再浮上。もう一度引き締めを!
・棚卸資産比も25%近辺と、現預金比に肉薄。在庫管理も見直しが必要か?

■財務安全性

・自己資本比率は70%近辺をしっかりとキープ、安定している
剰余金の積み上がりには勢いを見せており、収益面の好調さをここからもうかがえる

■備考

・利益は右肩上がりも、原価高を販管費で吸収する状態が続いているが、限界が近づいているようにも見える。ゆえにこれ以上、今の状態を続けることは利益低下につながりかねない
決算短信では、部材調達を資源豊富なアジア圏に目をつけて推し進める方針を立てている
・ただしアジア圏での事業進出のためには、もっと資産構成を整備する必要がありそうだ

■ファイナンス情報

最新の株価はYahoo!ファイナンスでチェック!
割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!




△TOP△| | |

(6834)精工技研の決算書分析

決算書DE企業分析!【2007/03/23 09:45】

決算書分析済み銘柄リストへ


(6834)精工技研

【 せいこうぎけん 】

■事業内容

光通信部品、同製造検査装置、光ディスク用金型が3本柱。同金型などは世界トップシェア

■財務諸表分析表(3期分)

決算期 ’04/03期 ’05/03期 ’06/03期
売上高 ¥6,919 ¥6,104 ¥6,305
営業利益 ¥2,291 ¥1,714 ¥1,048
営業利益率 33.1% 28.1% 16.6%
経常利益 ¥2,169 ¥1,843 ¥1,218
流動比率 979.3% 2,665.7% 2,074.6%
総資産 ¥25,139 ¥25,351 ¥26,228
自己資本比率 91.5% 95.4% 94.5%
総資本経常利益率 8.6% 7.3% 4.6%

(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細

■短評

■収益性

・05年03月期に売上高減、翌期は小幅回復へ。ただし、利益は年々低下している
原価比率が44.2→45.2→51.2%と、著しい上昇を続けている
販管費比率も22.7→26.7→32.2%と負けてはいない。。。
・経常利益に対する支払利息の影響力は無風。売上高対営業利益そのものは未だ16%以上を持っているが、まだまだ転落する可能性もありそうか?

■企業収益力

・儲け力は売上高対営業利益率には似合わず低水準。06年03月期は基準値割れに
・そんな状態であっても、企業規模の拡大の手は休まらず。パワーダウンに追討ちをかける

■財務バランス

・流動比率が100~2,000%と、桁違いのうるおいを見せる。。。というよりも、もてあそばせているだけか?
・流動資産に占める現預金比は71.5→80.6→78.4%と、高水準で安定
・未回収金比は22.6→12.3→12.4%と推移、額面的にも一段低下へ

■財務安全性

・自己資本比率推移は90~95%と、ほとんど他人資本に頼らない状態
剰余金の積み上がりは毎期続いているが、その増加にはブレーキが掛かり始めたか?
・総借入金は当然ながら、ゼロ状態。資金繰りには困らない状態なのだが。。。

■備考

・高い水準の売上高対営業利益率を擁するも、その低下が著しい
・また、潤沢な自己資産を業務で活用できていない姿も浮かび上がっており、もどかしさを感じる
・そんな中、05年09月にセイコーインスツル株式会社の光事業に関する営業を譲り受けた
・このことが良い変化となって業務に活気が現れると良いのだが。。。

■ファイナンス情報

最新の株価はYahoo!ファイナンスでチェック!
割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!




△TOP△| | |

(6836)ぷらっとホームの決算書分析

決算書DE企業分析!【2007/03/22 18:41】

決算書分析済み銘柄リストへ


(6836)ぷらっとホーム

【 ぷらっとふぉーむ 】

■事業内容

Linux等の無償OS利用のサーバーやシステム構築に強み。法人向けに資源集中進める

■財務諸表分析表(3期分)

決算期 ’04/03期 ’05/03期 ’06/03期
売上高 ¥4,413 ¥3,685 ¥3,300
営業利益 ¥-407 ¥-155 ¥-249
営業利益率 -9.2% -4.2% -7.5%
経常利益 ¥-393 ¥-155 ¥-250
流動比率 645.6% 671.5% 620.0%
総資産 ¥5,612 ¥5,388 ¥4,951
自己資本比率 85.4% 85.9% 85.7%
総資本経常利益率 -7.0% -2.9% -5.0%

(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細

■短評

■収益性

・収入は減少、損失計上状態が続く。売上高対営業利益率は当然マイナス、かつプラスに近づく気配も無い
原価比率が78.8→79.2→78.4%と、小幅増減が続く
販管費比率も30.4→25.0→29.2%と乱高下、安定感がまるで無い
・経常利益に対する支払利息の影響は無風。ただし、営業外費用そのものは大きく、損失をより大きく広げている

■企業収益力

・儲け力は当然のごとくマイナス状態。自力で立ち上がることは困難な状態
・企業規模も着々と縮小が続く。このままでは、体力の衰えは必至

■財務バランス

・流動比率は600%超と、常時次元違いのうるおいを保っている
・ただし、固定比率が15%に満たない状態で、設備投資の不足が懸念される
・流動資産に占める現預金比は88.5→88.1→86.3%と、全資産の75~80%が集中。一体、何に使うつもり?

■財務安全性

・自己資本比率は85%台を保っており、財務基盤はがっちり?
・いやいや、剰余金はマイナス街道まっしぐら。その数値は更に膨らみ続けている

■備考

・資産投資効率が悪い状態のまま、収益面でもコストの見直しが進まない
・決算短信にて経営指標に【黒字転換を第一の目標】としているものの、具体的な活動指針がない。これではだめ!

■ファイナンス情報

最新の株価はYahoo!ファイナンスでチェック!
割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!




△TOP△| | |

(6837)京写の決算書分析

決算書DE企業分析!【2007/03/22 09:45】

決算書分析済み銘柄リストへ


(6837)京写

【 きょうしゃ 】

■事業内容

プリント配線板メーカー、非多層基板に特化。中国・東南アジアなど海外でも生産

■財務諸表分析表(3期分)

決算期 ’04/03期 ’05/03期 ’06/03期
売上高 ¥10,590 ¥14,344 ¥13,879
営業利益 ¥63 ¥48 ¥22
営業利益率 0.6% 0.3% 0.2%
経常利益 ¥-33 ¥26 ¥35
流動比率 88.9% 84.1% 79.3%
総資産 ¥10,008 ¥11,706 ¥11,656
自己資本比率 17.1% 20.4% 20.2%
総資本経常利益率 -0.3% 0.2% 0.3%

(注:金額欄は百万円単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細

■短評

■収益性

・収入に波あり。04年03月期は損益計上も、翌期以降は利益計上へ。ただし売上高対営業利 益率は限りなく0%へ近づいている
原価比率は87.1→85.6→85.3%と着実に圧縮が進む
販管費比率が12.4→14.1→14.6%と、原価圧縮分を上回るコストアップ
・経常利益に対する支払利息の影響力が153.2→82.3→81.2%と、話にならない状態。とりあえず、営業外利益でしのいているのだが。。。

■企業収益力

・儲け力は05年03月期にマイナスからプラスへ転換。ただし、地表スレスレの状態が続く
・そんな中でも企業規模のスリム化に着手出来ない(するつもりがない?)状態。。。

■財務バランス

・流動比率は80%割れが発生。資金の流れに危機感がより高まる
・05年03月期に固定比率を300%→230%へダウン。負債の負担を少しだけ軽くしたが、後 が続かない
・流動資産に占める現預金比は27.1→23.9→30.4%と不安定。支払余裕比率 が25%以下と、リスキーだ
・対する未回収金比は45%近辺を堅持、棚卸資産比も20%超と現預金比に肉薄で、資金構成の悪さをのぞかせる

■財務安全性

・自己資本比率は20%に到達がやっとか?
剰余金は05年03月期にマイナスへ突入。以降、欠損金が拡大!
・総借入金も圧縮と増加を繰り返しており、資金繰りのまずさを露呈
・資本合計に対する総借入金は2.8→2.5→2.5倍と、財務基盤のもろさをうかがわせる

■備考

・資産と収入のバランスの悪さが、資金繰りをますます悪化させるという悪循環に
決算短信では【キャッシュフローの重視】を経営指標に挙げているが、その活動を本当に実施されているのか疑わしい決算書の推移だ!
・結局は【グローバル体制に強みがある】など、長所ばかりをうたっていて、現状に陥らざるを得なかった経営上の反省点を、きちんと決算短信に報告できない姿勢そのものに問題があるのでは?

■ファイナンス情報

最新の株価はYahoo!ファイナンスでチェック!
割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!




△TOP△| | |

(6838)多摩川電子の決算書分析

決算書DE企業分析!【2007/03/21 19:55】

決算書分析済み銘柄リストへ


(6838)多摩川電子

【 たまがわでんし 】

■事業内容

無線通信機器向け高周波回路素子と計測機器、半導体組立が柱。第3世代携帯電話に強み

■財務諸表分析表(3期分)

決算期 ’04/03期 ’05/03期 ’06/03期
売上高 ¥2,359 ¥2,743 ¥2,552
営業利益 ¥-132 ¥-49 ¥19
営業利益率 -5.6% -1.8% 0.7%
経常利益 ¥-137 ¥-50 ¥30
流動比率 279.2% 296.5% 232.4%
総資産 ¥4,515 ¥4,701 ¥4,212
自己資本比率 62.1% 57.3% 58.8%
総資本経常利益率 -3.0% -1.1% 0.7%

(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細

■短評

■収益性

・収入に安定感がなく、05年03月期までは損失計上。売上高対営業利益率がプラスに転じ、利益を計上した
原価比率が82.4→85.1→82.1%と一時高騰の危機を脱した?
販管費比率は収入に左右されていて、安定感がない
・経常利益に対する支払利息の影響力は30%超と強力に利益を奪い去る。額面的にも圧縮が進まない。。。

■企業収益力

・儲け力はマイナスから脱したものの、未だ地表スレスレの状態。
・企業規模の変化も拡大、縮小を繰り返していて安定感がない

■財務バランス

・流動比率は200%を軽く上回り、魅力十分なうるおいを見せる
・流動資産に占める現預金比は60.9→64.7→48.2%と、06年03月期に大きく低下。現預金を長期投資へシフトしたことが原因のようだ。 ・ただし、支払余裕比率が110%超と、健在さをアピール
・対する未回収金比が30.0→42.2%、額面的にも上昇中。きっちりと気を引き締めたいところだが、果たして?!

■財務安全性

・自己資本比率は60%前後で緩やかな変化を続ける
剰余金は残念ながら年々削られ続けており、「マイナス」の記号が見え隠れ。。。
・総借入金は増減を繰り返している状態。資本合計に対して0.3→0.5→0.4倍と、少々危険な香りも?

■備考

・収入に安定感が見られないことと、未回収金の割合が増加の一途であることから、営業能力の弱さを感じざるを得ない状態
・加えて、生産面でもコスト管理に雑感が。計画的な圧縮策も見受けられない
決算短信では【営業体制の強化】【コストダウンによる低価格化】を課題に挙げているものの、具体的な対策案は見受けられない。絵に描いたモチでは意味がない!
・その他

■ファイナンス情報

最新の株価はYahoo!ファイナンスでチェック!
割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!




△TOP△| | |

(6839)船井電機の決算書分析

決算書DE企業分析!【2007/03/21 09:50】

決算書分析済み銘柄リストへ


(6839)船井電機

【 ふないでんき 】

■事業内容

ビデオ、テレビなどAV機器中堅。価格競争力武器にOEM含め北米で高シェア

■財務諸表分析表(3期分)

決算期 ’04/03期 ’05/03期 ’06/03期
売上高 ¥342,133 ¥383,034 ¥360,885
営業利益 ¥36,534 ¥33,348 ¥23,306
営業利益率 10.7% 8.7% 6.5%
経常利益 ¥34,667 ¥36,616 ¥27,462
流動比率 296.2% 265.6% 196.5%
総資産 ¥223,184 ¥255,321 ¥288,517
自己資本比率 67.2% 68.3% 68.7%
総資本経常利益率 15.5% 14.3% 9.5%

(注:金額欄は百万円単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細

■短評

■収益性

・06年03月期は減収減益に。売上高対営業利益率の低下が続く。。。
原価比率が毎期1.8~1.9%と上昇が著しく、営業利幅を苦しめる
販管費比率も小幅上昇止まらず。より苦しい展開に
・経常利益に対する支払利息の影響力は3%程度と低い。が、額面的には上昇を見せており、油断できない

■企業収益力

・儲け力はズルズルと後退が続く。ただし、依然高水準のパワーを持っている
・企業規模の拡大が一人歩きの状態。利益とのバランスを考慮しなければ!

■財務バランス

・流動比率は基準値の150%を大きく上回るうるおいを見せる。が、着実に数値は低下中
・流動資産に占める現預金比が64.3→55.7→38.2%と、衰退ぎみ。長期投資へ資金をシフトしていることが原因だが、この急激の変化はちょっと。。。
・未回収金比が19.6→25.2→32.9%、棚卸資産比も10.9→15.1→22.9%と勢力を高める。双方、額面的上昇も強く、財務管理体制に疑問が

■財務安全性

・自己資本比率は70%近い数値を保っており、財務基盤の厚さを見せ付けている
・剰余金の積み上がりは極めて順調、総借入金も資本合計に対して0.2倍とセーブしている

■備考

・06年03月期の収益性低下時も、高い収益性を見せているが、その傍らで営業外活動にいそしんでいる行動にはおおいに疑問。もっと本業の見直しに注力すべ きであったのでは?
  この行為が今後大きく影響を与えなければいいが。。。
・決算短信ではその行動に関しての見解は見受けられず。収益についても、営業コストの上昇について触れる様子もない

■ファイナンス情報

最新の株価はYahoo!ファイナンスでチェック!
割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!




△TOP△| | |

(6840)アドテックの決算書分析

決算書DE企業分析!【2007/03/20 21:57】

決算書分析済み銘柄リストへ


(6840)アドテック

【 あどてっく 】

■事業内容

パソコン増設メモリボード中堅。液晶モニター撤退し、シンデン・ハイテックス傘下で再建中

■財務諸表分析表(3期分)

決算期 ’04/03期 ’05/03期 ’06/03期
売上高 ¥13,025 ¥10,590 ¥6,659
営業利益 ¥-568 ¥-911 ¥-71
営業利益率 -4.4% -8.6% -1.1%
経常利益 ¥-610 ¥-927 ¥77
流動比率 144.8% 142.0% 237.9%
総資産 ¥9,645 ¥4,688 ¥2,378
自己資本比率 35.7% 37.8% 60.8%
総資本経常利益率 -6.3% -19.8% 3.3%

(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細

■短評

■収益性

・減収が続き、損失も発生。06年03月期は経常利益を計上したが、売上高対営業利益率は未だマイナス
原価比率が91.6→95.3→86.2%と、乱高下のもよう
販管費比率は減収に合わせられず、上昇が続いている
・経常利益に対する支払利息の影響力は当然ながら、かなり高い。一から見直しが必要そう

■企業収益力

・儲け力は一時、約-20%を記録。06年03月期は3%台に大きく躍進。。。?!
・企業規模は縮小に縮小を重ね、04年03月期より約75%のダウン

■財務バランス

・流動比率は06年03月期に基準値のやや下の位置より、大きく浮上、200%超に!
・流動資産に占める現預金比は20.1→18.1→20.5%と、あまり変わり映えせず
・未回収金比が37.5→50.6→47.8%と不安定かつ大きな勢力を誇る。これはまずい
・棚卸資産比も25~27%で安定してしまっている

■財務安全性

・自己資本比率はスリム化の甲斐あってか、一気に60%台へ上昇
・ただし、剰余金は05年03月期以降マイナスの状態が続く
・その分、総借入金の圧縮に積極的?資本合計に対して1.1→1.0→0.4倍まで低下できた

■備考

・再建中とのことだが、財務と収益の足並みがそろわず
・特に本業のコスト改善が遅々として進まない点は、あまりにも痛い
・決算短信では
 『残念ながら黒字転換は果たせなかったものの経営
  の効率化は着実に進んでおります』
 と記しているのは、楽観すぎないだろうか?
・「【業務の適正化】【財務体質の健全化】を目指します」。。。なぜ、今までそれが出来なかったのか、きちんと分析できているのだろうか?

■ファイナンス情報

最新の株価はYahoo!ファイナンスでチェック!
割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!




△TOP△| | |

(6841)横河電機の決算書分析

決算書DE企業分析!【2007/03/20 20:28】

決算書分析済み銘柄リストへ


(6841)横河電機

【 よこがわでんき 】

■事業内容

工業計器首位。制御機器と計測機器の2本柱。パケット切り替え器で光通信機事業に参入へ

■財務諸表分析表(3期分)

決算期 ’04/03期 ’05/03期 ’06/03期
売上高 ¥371,943 ¥387,053 ¥388,877
営業利益 ¥18,256 ¥24,757 ¥25,321
営業利益率 4.9% 6.4% 6.5%
経常利益 ¥15,341 ¥22,402 ¥26,403
流動比率 215.7% 200.5% 209.1%
総資産 ¥397,408 ¥400,264 ¥417,802
自己資本比率 41.3% 43.3% 54.9%
総資本経常利益率 3.9% 5.6% 6.3%

(注:金額欄は百万円単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細

■短評

■収益性

・増収増益が続く。売上高対営業利益率も着々と上昇中
原価比率が64.9→64.6→63.2%と圧縮、順調に営業利幅を拡大している
販管費比率は30.2→29.0→30.3%と一時圧縮も翌期にリバウンド
・経常利益に対する支払利息の影響力は6.7→3.5→2.8%と抑制へ。額面的にも圧縮が続く

■企業収益力

・儲け力は05年03月期に基準値を突破し、翌期も続伸。もう少し販管費を見直したいか?
・企業規模の拡大が続くものの、利益上昇率を上回らないように進めている様子がうかがえる

■財務バランス

・流動比率は200%台を維持しており、基準値の150%を大きく上回るうるおいを見せる
・流動資産に占める現預金比が15.3→16.9→17.1%と、上昇を見せているもののまだまだ物足りない
・対する棚卸資産は順調に圧縮傾向も、未回収金比が50~54%を堅持、ネックとなっている

■財務安全性

・自己資本比率は50%台を突破、財務安全性を強調中
剰余金の積み上がりが順調に進み、総借入金の圧縮も徐々に勢い付いている状態。
・資本合計に対する総借入金が0.6→0.5→0.2倍と推移していることは評価したい

■備考

決算短信では、2010年度を見据え、戦略、情報、人財、会計、制度の五つの項目の連結を強調している
・決算書の推移は良い方向で進んでいるが、内容的にはまだまだ途上の状態に見受けられる
・特に未回収金が資産バランスを歪ませているようなので、徹底的な修正を望みたい

■ファイナンス情報

最新の株価はYahoo!ファイナンスでチェック!
割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!




△TOP△| | |

(6844)新電元工業の決算書分析

決算書DE企業分析!【2007/03/20 09:50】

決算書分析済み銘柄リストへ


(6844)新電元工業

【 しんでんげんこうぎょう 】

■事業内容

整流器から出発、半導体と電源が柱。情報通信インフラ向けが強い。生産は主に子会社

■財務諸表分析表(3期分)

決算期 ’04/03期 ’05/03期 ’06/03期
売上高 ¥84,269 ¥88,985 ¥98,784
営業利益 ¥3,135 ¥5,439 ¥6,903
営業利益率 3.7% 6.1% 7.0%
経常利益 ¥854 ¥3,769 ¥5,326
流動比率 170.0% 143.9% 178.7%
総資産 ¥97,584 ¥101,954 ¥108,008
自己資本比率 35.9% 35.8% 40.6%
総資本経常利益率 0.9% 3.7% 4.9%

(注:金額欄は百万円単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細

■短評

■収益性

・増収増益が続く。05年03月期に売上高対営業利益率が大幅アップ
原価比率が83.6→81.6→81.0%と営業利幅の拡大に大きく貢献
販管費比率も小幅ながら圧縮が続き、利益拡大の底上げに
・経常利益に対する支払利息の影響力は41.1→12.9→9.3%と低下傾向も、額面的圧縮幅は小さく、まだまだ努力不足か

■企業収益力

・儲け力は地表スレスレの状態から上昇を続け、ほぼ基準値の位置までパワーアップ!
・ただし、もうひと伸びするためには、無駄な支出の圧縮と、企業規模に連動した収入の拡大が望ましいのだが。。。

■財務バランス

・流動比率は一時基準値割れを起こしたものの再浮上。170%台が基本ラインか?
・流動資産に占める現預金比は14~15%と、厳しい感が。支払余裕比率が30%未満は、不安がのこる
・未回収金比は40.0~42%、棚卸資産比も37~40%をしっかりと堅持。厚い壁となって立ちはばかる!

■財務安全性

・自己資本比率は安全圏とされる40%に到達。利益拡大が功を奏したか
剰余金の積み上がりは毎期、順調の行なわれている
・総借入金が05年03月期に大幅アップ資本合計に対して0.5→0.9→0.7倍と、気を抜けない状態は続く

■備考

・収益面の向上の為に、財務面へ負担を強いている状態。結果として無駄な支出が多い
・根本的な資産構成に改善の傾向がなく、このままでは、いずれ借入金も食いつぶしかねない
決算短信でも、社員一丸となった意識改革の意思が見られず、経営陣によるやや強引な経営戦略に身を委ねようとしている姿が見受けられる

■ファイナンス情報

最新の株価はYahoo!ファイナンスでチェック!
割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!




△TOP△| | |

(6845)山武の決算書分析

決算書DE企業分析!【2007/03/19 21:10】

決算書分析済み銘柄リストへ


(6845)山武

【 やまたけ 】

■事業内容

制御機器、自動化機器の大手。空調制御に強み。環境、高齢者介護ビジネスなど新分野も模索

■財務諸表分析表(3期分)

決算期 ’04/03期 ’05/03期 ’06/03期
売上高 ¥169,950 ¥180,762 ¥188,320
営業利益 ¥6,820 ¥9,353 ¥13,515
営業利益率 4.0% 5.2% 7.2%
経常利益 ¥6,837 ¥9,496 ¥13,939
流動比率 240.7% 227.9% 182.7%
総資産 ¥165,258 ¥172,581 ¥217,873
自己資本比率 58.0% 58.2% 51.2%
総資本経常利益率 4.1% 5.5% 6.4%

(注:金額欄は百万円単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細

■短評

■収益性

・増収増益が続く。売上高対営業利益率が順調に上昇中
原価比率は05年03月期に一時上昇も、翌期にはきっちりと戻した
販管費比率は毎期2%近い圧縮が続く。営業利幅拡大のけん引役だ!
・経常利益に対する支払利息の影響力も1%未満にまで圧縮。無駄な支出をしっかりと抑えている

■企業収益力

・儲け力は基準値の5%を突破、その後も順調に数値を引き伸ばしている
・企業規模の拡大も着々と進んでいるが、もうすこし利益の拡大を優先させた方が良いのかも

■財務バランス

・流動比率は基準値の150%を上回っているものの、数値は低下中。200%を割り込んだ
・どうやら固定資産への資金注入が活発となり始めており、流動資産の拡大幅を大きく上回っていることが原因の一つらしい
・流動資産に占める現預金比が27.7→28.7→20.9%と、06年03月期に大きく低下。支払余裕比率も40%割れとリスクが高まっている
・対する未回収金比が50→55%、棚卸資産比も15%に向けて微増と、財務管理体制にやや影が差し掛かる

■財務安全性

・自己資本比率は50%台を維持。だが、50%割れの可能性も出てきている
剰余金の積み上がりは順調に進むものの、06年03月期に総借入金が大幅に拡大している
・資本合計に対する総借入金は0.2倍と微小も、財務バランスを大きく崩す変化はあまり歓迎できない。。。

■備考

・収益が好調の波にのったせいか、やや強引とも見える積極策がめだつ
決算短信では創業100周年の節目を迎えるにあたり、より事業拡大の路線を強めるもよう
・ただし、そのためには、より強固な財務基盤を足元に築く必要があると思うのだが。。。

■ファイナンス情報

最新の株価はYahoo!ファイナンスでチェック!
割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!




△TOP△| | |

(6846)中央製作所の決算書分析

決算書DE企業分析!【2007/03/19 10:30】

決算書分析済み銘柄リストへ


(6846)中央製作所

【 ちゅうおうせいさくしょ 】

■事業内容

自動車向け電源機器・表面処理装置・溶接機が主力。環境機器、電解加工機等も。技術開発積極的

■財務諸表分析表(3期分)

決算期 ’04/03期 ’05/03期 ’06/03期
売上高 ¥4,489 ¥5,319 ¥5,751
営業利益 ¥99 ¥253 ¥289
営業利益率 2.2% 4.8% 5.0%
経常利益 ¥74 ¥234 ¥282
流動比率 142.2% 139.4% 150.4%
総資産 ¥4,033 ¥4,982 ¥4,758
自己資本比率 28.8% 27.9% 35.4%
総資本経常利益率 1.8% 4.7% 5.9%

(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細

■短評

■収益性

・増収増益が続く。売上高対営業利益率も順調に続伸中
原価比率が78.4→77.8→76.2%と順調に圧縮、営業利幅拡大の旗振りに
販管費比率は19.4→17.4→18.8%とリバウンド?
・経常利益に対する支払利息の影響力は29.7→10.0→5.5%と圧縮に勢い。より利益の確保が可能に

■企業収益力

・儲け力は超低空域から脱出、06年03月期には基準値を突破!
・企業規模の拡大は一時停止?06年03月期はスリム化を実施した

■財務バランス

・流動比率は基準値の150%ライン近辺でもみ合いが続く
・流動資産に占める現預金比は23.6→19.5→21.3%、支払余裕比率にして30%前後では少々不安か
・対する未回収金比が58.9→60.3→62.2%と上昇中。売上金回収能力の改善は必須だ!

■財務安全性

・自己資本比率は安全圏には届かず。06年03月期の段階で35%だが、さあどうなる?
剰余金は着々と進むも、総借入金を下回る状態が続く
・その総借入金は増減を繰り返している状態。資本合計に対しては0.9→0.8→0.6倍と低下も、やはり額面的圧縮を望みたい

■備考

決算短信からは収益の向上追求に特化している雰囲気が感じられる
・確かにそのイメージとおりの決算書推移である
・が、収益と財務の双方において個々の勘定科目の変化にムラが多い。経営戦略が荒いのでは?

■ファイナンス情報

最新の株価はYahoo!ファイナンスでチェック!
割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!




△TOP△| | |

(6848)東亜ディーケーケーの決算書分析

決算書DE企業分析!【2007/03/18 20:43】

決算書分析済み銘柄リストへ


(6848)東亜ディーケーケー

【 とうあでぃーけーけー 】

■事業内容

環境計測器・工業用計測器メーカー。幅広い分析技術を軸に水から大気へ展開。海外開拓も

■財務諸表分析表(3期分)

決算期 ’04/03期 ’05/03期 ’06/03期
売上高 ¥13,641 ¥13,498 ¥13,463
営業利益 ¥736 ¥659 ¥622
営業利益率 5.4% 4.9% 4.6%
経常利益 ¥571 ¥582 ¥556
流動比率 163.9% 175.2% 188.0%
総資産 ¥14,446 ¥14,279 ¥15,489
自己資本比率 32.5% 36.9% 39.4%
総資本経常利益率 4.0% 4.1% 3.6%

(注:金額欄は百万円単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細

■短評

■収益性

・収入、利益ともに大きな変化は見られない。ただし、売上高対営業利益率はじわじわと低下中
原価比率は66.6→64.7→63.0%と、順調に圧縮が続く
・だが、販管費比率が原価圧縮率を上回る上昇を見せている
・経常利益に対する支払利息の影響力は10%未満に抑えているものの、営業外費用としては20%近い利益の押し下げで苦しい状態

■企業収益力

・儲け力は3.5~4.0%の間でもみ合いか?いずれにせよ、基準値には及ばず
・企業規模の拡大には、利益との兼ね合いが無く計画性を感じられない

■財務バランス

・流動比率は150%をきちんと上回りつつ、さらに続伸中
・流動資産に占める現金預金比は8.5→16.2→20.6%と改善傾向も、支払い余裕比率にして40%未満はイマイチか
・未回収金比、棚卸資産比の圧縮が順調に進む。ただし、比率的には現預金比を上回る

■財務安全性

・自己資本比率は安全圏の40%に向けてじわじわと上昇中
剰余金の積み上がり、総借入金の圧縮が堅調に進む
・資本合計に対する総借入金は0.7→0.6→0.4倍まで低下。あと一息といったところ

■備考

決算短信では収益体質の強化に意欲的な姿を見せる
・ところが、決算書から見える収益は苦戦が続く。売上が伸びない以上、販管費の圧縮は必須課題
・対する財務面は改善の雰囲気が。こっちは期待できそう?

■ファイナンス情報

最新の株価はYahoo!ファイナンスでチェック!
割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!




△TOP△| | |

(2499)日本和装ホールディングスの決算書分析

決算書DE企業分析!【2007/03/18 14:37】

決算書分析済み銘柄リストへ


(2499)日本和装ホールディングス

【 にほんわそうほーるでぃんぐす 】

■事業内容

4カ月間無料着物着付け教室展開、受講者に呉服商品を販売仲介、手数料収入が収益源

■財務諸表分析表(3期分)

決算期 ’05/04期 ’05/04期 ’06/04期
売上高 ¥3,370 ¥5,437 ¥5,842
営業利益 ¥568 ¥795 ¥1,053
営業利益率 16.8% 14.6% 18.0%
経常利益 ¥604 ¥825 ¥1,063
流動比率 116.2% 156.0% 181.9%
総資産 ¥2,045 ¥2,139 ¥3,025
自己資本比率 26.4% 44.9% 50.8%
総資本経常利益率 29.6% 38.6% 35.1%

(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細

■短評

■収益性

・増収増益が続く。05年04月期に売上高対営業利益率が一時低下も、翌期にしっ かりと切り替えした!
原価比率は19.3→13.5→12.7%と、圧縮の勢いが強い。営業利幅拡大のけん引役だ
販管費比率は05年04月期に約8%の上昇、翌期は2.5%の圧縮と不安定気味か
・経常利益に対する支払利息の影響力は、ほぼ無風状態。主力で得た大きな利益をしっかりと確保している

■企業収益力

・儲け力は驚異の30%超!業務内容がニッチで、リスクを極力省いているゆえのこのパワーか?!
・企業規模の拡大も、利益につられて絶好調だ

■財務バランス

・流動比率は05年04月期に基準値の150%を突破、以後うるおいを増している
・流動資産に占める現預金比が87.5→82.2→86.7%と、潤沢なキャッシュを確保。支払余裕比率だけで150%を超え始めた
・未回収金比が10%未満、棚卸資産比は0.3%と、事業内容をしっかりと遵守したシャープな構成。文句のつけようがない

■財務安全性

・自己資本比率はぐんぐんと上昇。04年03月期までおぼつかなかった財務安定性を、儲けをきちんと資本に積み上げることで強固なものに改善
・剰余金は毎期約100%増の勢い積み上がりを続けている
・総借入金も05年04月期以降はゼロベース。自己資本比率以上の財務安全性を持っていると言える

■備考

・事業に関するの目の付け所と、それを十分に生かす財務、収益を存分に発揮しているように感じる決算内容
・06年に上場したことで一気に資本金が増加、資金が増加したわけだが、今の経営方針をかたくなに守り、気付いた問題点に全力で対応する体制を持ち続けれ ば、さらに業務は上昇するものと思われる

■ファイナンス情報

最新の株価はYahoo!ファイナンスでチェック!
割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!




△TOP△| | |

(9444)トーシンの決算書分析

決算書DE企業分析!【2007/03/18 10:17】

決算書分析済み銘柄リストへ


(9444)トーシン

【 とーしん 】

■事業内容

東海地盤の携帯電話販売代理店業、au、ボーダフォンが主力。不動産・飲食事業も

■財務諸表分析表(3期分)

決算期 ’04/04期 ’05/04期 ’06/04期
売上高 ¥8,849 ¥11,160 ¥14,179
営業利益 ¥278 ¥161 ¥704
営業利益率 3.1% 1.4% 5.0%
経常利益 ¥310 ¥230 ¥792
流動比率 71.7% 102.0% 98.9%
総資産 ¥5,807 ¥6,436 ¥9,797
自己資本比率 27.0% 25.3% 19.8%
総資本経常利益率 5.3% 3.6% 8.1%

(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細

■短評

■収益性

・増益が続く。05年04月期に売上高対営業利益率の大幅低下で減益も、翌期に大きく盛り返した
原価比率が85.0→87.2→83.4%と、05年04月期の高騰と翌期の大幅圧縮が目立つ
販管費比率は11.9→11.4→11.7%と、小幅変動が続く
・経常利益に対する支払利息の影響力が13.6→20.9→8.1%と変動激しく、油断できない。額面的に年々上昇しているところが気がかり

■企業収益力

・儲け力は一時、基準値の5%割れを喫するも、翌期に奮起。企業成長を望める位置までパワーアップ!
・企業規模の拡大は利益に関係なく積極的に推し進められている。この辺りはバランスを考慮してほしい

■財務バランス

・流動比率は100%ラインの壁が厚そうな展開。基準値の150%には遠く及ばない
・固定資産への資金注入が著しく、固定比率が250%超に。負債への負担も重い ・流動資産に占める現預金比が22.0→17.6→16.3%と残念ながら低下中。支払余裕比率が20%未満と、負債返済へのリスクがかなり高い
・未回収金比は54.7→42.0→30.8%と順調に圧縮が進む
・ネックは棚卸資産比。19.2→36.6→32.3%と上昇、在庫をさばききれる自信があれば良いが

■財務安全性

・自己資本比率が年々低下中。06年04月期は基準値割れと、財務基盤に亀裂が広がる
・剰余金は毎期着々と積み上がりを続けているも、総借入金の増加のほうが強い
・資本合計に対する総借入金は1.8→1.8→2.9倍と、よりハイリスクの状態になったことを否めない

■備考

・決算短信からは【経営体質】が利益の確保によるものとする考えを汲むことが出来た
・06年04月期の利益向上は喜ばしいところだが、財務の変動からしてパワーマネーで押し切った感も。この方法がいつまでも使えるとは考えにくい
・有利子負債が増加することは、その分に相応する利息を利益から差し引かねばならないことは周知の通り。その額面には十分な配慮をしているのか、やや疑問か

■ファイナンス情報

最新の株価はYahoo!ファイナンスでチェック!
割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!




△TOP△| | |

一号チビターの卒園式

雑記にて失礼【2007/03/17 23:12】

ついに本日、一号チビター様の卒園式を(たぶん)迎え、無事に終えてきました。
2年保育だったとはいえ、短いものですね~(しみじみ)


今回は、生年月日の早い順に整列をしたため、(3クラス中)1組で一番生まれの早いの一号様は、卒業証書授与も先頭。
でも、緊張もなく上手に受け取っていました♪
(あ、ここ親バカで結構ですわ)

皆勤賞も貰いましたよ♪
今年は皆勤賞も貰いましたよん♪


・・・さあぁぁぁぁ、ここからが『ある意味本番』
二時間近くに及ぶ卒園式に、二号チビター様が黙ってみているわけがない!(泣)











園内を縦横無尽に逃げる二号様の図


やっぱり逃走(鬼汗)


これは、もう「想定内(!)」なので、カミさんには式に参加してもらい、オイラは逃げる二号様を追跡。
これにて、卒園式をこなすことが出来ました。・・・ほほほ。



それにしても子供の成長って、あるイミ株投資よりもスリリングで、その成長の節目節目が某CMでもおなじみの「プライス・レス」な喜びを受取ることが出来ます。


そんなことを考えているうちに、次は入学式、そして二号様の入園式・・・と続いてゆくわけで。。。


まっ、これはこれで、親的にすごくワクワクしますね♪




△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。