お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(7468)アムスクの決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/12/25 21:40】

決算書分析済み銘柄リストへ


(7468)アムスク

【 あむすく 】

■事業内容

TI・STマイクロ・フリースケール・オンセミが主力の
半導体商社。アナログ半導体に強み

■財務諸表分析表(3期分)

決算期 ’04/03期 ’05/03期 ’06/03期
売上高 ¥20,723 ¥25,885 ¥27,021
営業利益 ¥282 ¥544 ¥515
営業利益率 1.4% 2.1% 1.9%
経常利益 ¥142 ¥241 ¥401
流動比率 186.3% 194.0% 162.7%
総資産 ¥11,248 ¥11,554 ¥12,257
自己資本比率 47.7% 47.4% 39.4%
総資本経常利益率 1.3% 2.1% 3.3%

(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細

■短評

■収益性

・増収増益が続く。ただ、売上高対営業利益率と経常利益がアンマッチ気味
原価比率が毎期0.5%以上のペースで上昇。利幅を苦しめている
・一方、販管費比率で圧縮が進み、かろうじて利幅のマイナス化から救っている
・経常利益に対する支払利息の影響力が、38.1→24.9→20.6%と圧縮傾向ではあるものの、押し下げが厳しい。額面的にも増減が不安定なのはマイナス印象

■企業収益力

・儲け力は上昇傾向も、やっと3%突入といったところ。基準値越えはやや困難そう
・企業規模の拡大が着々と進んでいるが、収益面が体制整うまで自重するのも手では!?

■財務バランス

・流動比率は基準値の150%を達成ながら、変動が激しい
・流動資産に占める現預金比が10%未満はお粗末。資金に余裕がない状態は一目瞭然
・対する未回収金比が50%を突破。売上金をすぐに持ち帰ることが出来ない、営業能力の低下と受取ることが出来る
・棚卸資産比も、一時50%から脱したものの、いまだ35%と危機感から脱しきれない
・そして固定比率が20%前後の指標。流動資産の『悪い部分』に資金が集中している結果 だ

■財務安全性

・自己資本比率が06年03月期に40%割れ。安全圏とされる指数から転落
剰余金がいよいよ削られ、総借入金を圧縮することも困難に
・資金繰りの悪化が着々と進んでいるもよう!?

■備考

・営業活動の能力監視、現場への監視を怠った経営陣の失策だと判断したくなる
決算短信には顧客を優先とした経営を心掛ける文面が各所より伝わってくるが、社内体制の歪みを厳しく見直せない部分に甘さを感じる
・今後の財務管理体制に関して、経営陣はどのような判断を下すつもりか!?

■ファイナンス情報

最新の株価はYahoo!ファイナンスでチェック!
割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!

スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。