お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(7212)エフテックの決算書分析

決算書DE企業分析!【2007/01/27 20:55】

決算書分析済み銘柄リストへ


(7212)エフテック

【 えふてっく 】

■事業内容

サスペンションなど足回り部品に強み持つ
ホンダ系部品メーカー。ホンダ向け売り上げが9割

■財務諸表分析表(3期分)

決算期 ’04/03期 ’05/03期 ’06/03期
売上高 ¥104,835 ¥111,419 ¥129,073
営業利益 ¥2,727 ¥2,858 ¥4,450
営業利益率 2.6% 2.6% 3.4%
経常利益 ¥1,647 ¥1,905 ¥3,612
流動比率 70.4% 67.2% 86.8%
総資産 ¥60,747 ¥64,359 ¥73,717
自己資本比率 19.3% 19.9% 26.5%
総資本経常利益率 2.7% 3.0% 4.9%

(注:金額欄は百万円単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細

■短評

■収益性

・増収増益が続く。06年03月期は売上高対営業利益率が一段高で、利益が大幅増
原価比率は05年03月期にやや上昇気配を見せるも、翌期に回復。89.3%付近がベースか
販管費比率は圧縮が続く。06年03月期は7.1%、そろそろ原価圧縮に転換が必要では?
・経常利益に対する支払利息の影響力が20.3%の押し下げと、せっかくの利益がもったいない状態。額面的圧縮が見込めず、財務面の不信感がここに浮かぶ

■企業収益力

・儲け力は企業規模に見合っただけのパワーを見せられない状態が続く。06年03月期も基準値の5%に及ばず
・無駄な支出が影響しているのはもちろん、企業規模の拡大も、利幅とのバランスを無視している感が

■財務バランス

・流動比率は60~90%の間をフラフラ。明らかに「よろしくない流れ」を形成
・特に、固定資産への資金注入が大きすぎ。固定比率は圧縮傾向も、200%超はイエローカ ード ・流動資産に占める現預金比が、7.5→9.4→13.6%と回復傾向も、乏しさを隠せない。支払余裕比率もようやく11%では。。。
・未回収金比は06年03月期に50%を切り、順調に圧縮。とはいえ額面は増加が続き、安心は出来ない
・棚卸資産比が上昇に歯止めが掛からず、30%台を突破。在庫管理、生産計画が甘い証拠か?

■財務安全性

・自己資本比率は上昇中も、足取りに鈍さを隠しきれない
剰余金は積み上がりを見せるも、好・不調の波が激しそう
・総借入金が増加止まらず!!資本合計に対する割合は減少傾向も、未だ1.7%は脅威!

■備考

・経営計画に無理を感じざるを得ない決算書の推移。とにかく数値の安定感がない
・企業拡大に躍起になって、自社の体内正常化が置き去りにされているのは明白。資金繰りはかなりの厳しさをみせる
決算短信の【経営方針】に記された
  『失敗を恐れず困難な道を選択する“チャレンジ精神”』
  『株主・従業員との共生を目指す“運命共同体”』
 の言葉が、かえって恐怖に感じる?!

■ファイナンス情報

最新の株価はYahoo!ファイナンスでチェック!
割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!

スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。