お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書分析のお勉強

「のれん償却」を投資判断基準にどう使う

決算書分析のお勉強【2007/04/18 23:00】

らうサンよりご依頼いただいた
 (3734)エム・ピー・テクノロジーズの決算書分析
は、非常に有益な分析が出来たと思います。

というのも、らうサンよりいただいたコメントに


> 営業CFが黒字で儲かってるように見えるのですが、
> 原価償却やのれん代償却といった会計上の問題だけで
> 下げてるように見えます。

と記されているとおり、06年07月期の決算書を眺めると

と、異なった結果となっているのです。







why?なぜ?







今回の決算内容に限って言えば【のれん償却】という項目が、最大のキーポイント。


そもそも会計上で言う【のれん】とは
「企業の合併や買収、営業の譲り受けの時に限って資産に計上される無形固定資産」
を指します。


そして、その【のれん代】は20年以内で償却すること損益計算書では販管費として計上すること)とされているのです。


すなわち、

損益計算書のルール
のれん償却】費用を【販管費】として計上する
CF計算書のルール
のれん償却】は実際、その期に行なわれているものではないため、その分を営業CFで戻す必要がある
となるのです。むむむ~。


ということで、エム・ピー・テクノロジーズの06年07月期決算書では、らうサンのコメントどおりの結果となるのですね。


実際には【減価償却】も同じことがいえるのですが、
 『有形固定資産』か『無形固定資産』か?
という部分で、考え方を大きく変える必要があると思っています。
ゆえに、今回は【のれん償却】にのみ焦点を当てました。



・・・え~と、分かりました?


しょーじき私自身、決算書(損益計算書CF計算書)上に記帳する際の扱い方は、わかったつもりですが
「そもそも【のれん代償却】って意味があるのか?」
自体、会計の専門家たちの間でも意見が分かれているほどものであり、
そもそも【のれん代】の価値が、どのくらい妥当に計上されているのか、わからないんです(泣)。


つーわけで、自論になってしまうのですが
「決算書に大きく影響する額面の【のれん償却】を計上する企業は、投資対象からはずす」
ということにしちょります。「びびるtanezeni」ですわ(笑)






う~ん、今週のメルマガのネタにしたかったくらいですな(笑)



もし、なにかご意見(反論も歓迎♪)、アドバイスがございましたら遠慮なくコメントしていただけると幸いです(^_^)
ではでは~♪

スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。