お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(6755)富士通ゼネラルの決算書分析

決算書DE企業分析!【2007/04/25 23:58】

決算書分析済み銘柄リストへ


(6755)富士通ゼネラル

【 ふじつうぜねらる 】

■事業内容

富士通系。エアコン、プラズマ等が主力、エアコン海外出荷が集中する年度末に利益偏重

■財務諸表分析表(3期分)

決算期 ’05/03期 ’06/03期 ’06/03期
売上高 ¥170,607 ¥179,908 ¥189,279
営業利益 ¥8,774 ¥7,134 ¥4,251
営業利益率 5.1% 4.0% 2.2%
経常利益 ¥6,437 ¥5,496 ¥3,462
流動比率 100.2% 109.8% 109.0%
総資産 ¥114,456 ¥125,728 ¥125,787
自己資本比率 12.5% 16.0% 17.7%
総資本経常利益率 5.6% 4.4% 2.8%

(注:金額欄は百万円単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細

■短評

■収益性

・増収減益が続く。05年03月期を境に、売上高対営業利益率は続落するばかり
原価比率が75.8→77.2→79.0%と、著しい上昇を見せ、営業栄幅を苦しめる
販管費比率で圧縮を試みるも、0.1~0.2%の圧縮では追いつかず
・経常利益に対する支払利息の影響力が14.8→16.8→25.1%と高騰、少ない利益をより苦しめる結果に

■企業収益力

・儲け力推移は当然ながらズルズルと後退。企業規模の半分程度のパワーにまで低下
・企業規模に関しては拡大方向には変わらないものの、その勢いは急速に衰え始めた。。。?

■財務バランス

・流動比率は110%を目前にしてぱったりと動きが止まった
・流動資産に占める現預金比が6.2→4.9→4.6%と追い込まれている状態。このままでは、通常業務すらままならないのでは?
・対する未回収金比は60%オーバーをガッチリとキープ、売上金の回収応力の低さを露呈。資金繰りの悪化の原因でもあるわけだ

■財務安全性

・自己資本比率は徐々に上昇中。しかし、20%にも満たない状態では、安全性を語ることも出来ない。。。
剰余金は長きに渡り、マイナス状態が続く。とりあえず、欠損額は減りつつあるのだが。。。
・総借入金の圧縮に四苦八苦。資本合計に対する総借入金は、ゆうに200%超!

■備考

・とにかく営業活動に関する徹底的な改善は必須。資金繰りの悪さの権化なのだから!
決算短信では
 『(海外市場での)営業体制を引き続き
   強化してまいります』
 としているが、本当に営業体制で強化せねばならない部分を把握できているのだろうか!?
・生産関係に関しても、トヨタ生産方式の導入をうたっているが、決算書の内容からは、実際の活用につながっているようには見えない!

■ファイナンス情報

最新の株価はYahoo!ファイナンスでチェック!
割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!

スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。