お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(9906)藤井産業の決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/06/06 00:15】

決算書分析済み銘柄リストへ




(9906)藤井産業
【 ふじいさんぎょう 】
北関東を中心とした電設資材、電気機器の商社。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥44,821 ¥46,931 ¥51,795
経常利益 ¥866 ¥975 ¥1,156
経営安全率 13.58% 14.71% 16.55%
流動比率 126.86% 131.81% 132.22%
自己資本比率 38.60% 40.41% 40.19%
総資本経常利率 2.85% 3.23% 3.57%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


■「儲け」は安定「経営安全率」
 営業利益が安定しており、更に増益増収傾向。
 販管費比率が徐々に圧縮傾向で安全率を高めている。


■総資本に対してはまだ力不足「総資本経常利益率」
 企業規模に対する「儲け力」はまだ物足りない状態。
 更なる経常利益の増加を行い、何とかして5%台に乗せたい。


■良化傾向もまだ鈍い「流動比率」
 「支払い」と「回収」が足を引っ張っている状態。
 当然「即金力」が割合的に少ない状態かつ減少傾向。

 一刻も早く「回収力」を改善しなければ!


■そこそこの安定感「自己資本比率」
 自己資本比率は何とか40%台をキープ。
 剰余金をきちんと積み上げているものの、
 負債もほぼ同率で増えているのが難点か。


営業能力の強化を!
 流動性の悪い企業の多くは   ・仕入れ品の支払い
  ・売上金の回収
 この2点がすこぶる悪く、手元の現金が不足
 しているパターンが多い。

 こうなると、借入金に頼らざるを得なくなったり、
 仕入れが遅れて商売のチャンスを逃す原因に
 繋がり易いのは、十分承知していると思うのだが。。。




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!

 藤井産業のHP


スポンサーサイト



△TOP△トラックバック:0コメント:4

♪ichiさん♪

いえいえ、つたない説明と間際らしい文章でご迷惑おかけしました。

> それにしてもレポート40枚を翌日までって…
> すっごいスパルタな先生だったんですねΣ(゚Д゚;

人間(大学生)、「単位」というニンジンを目の前に
ぶら下げられると、普段見せないパワーを発揮するものです(爆)

たぶん、先生はそのへん「お見通し」だったのでしょう(笑)

  • 2006年06月07日水
  • URL
  • tanezeni #-
  • 編集

詳しい解説ありがとうございます!

tanezeniさんの『即金力』は現金のことだったんですねぇ~。流動資産比率をそのまま指しているのかと勘違いしてました、すいませんm(_ _)m

それにしてもレポート40枚を翌日までって…すっごいスパルタな先生だったんですねΣ(゚Д゚;

♪ichiさん♪

試験ですか。頑張ってください。
(私は試験の成績が悪すぎて、レポート40枚提出を
科せられた事があります。しかも翌日までに!)


>ところで
>>当然「即金力」が割合的に少ない状態かつ減少傾向。
>とありますが、『減少傾向』とはどういうことですか??
>流動比率が上がってきているのは、増加傾向
>なのかなと思ったんですが、どうでしょうか?><

え~と、流動資産とは1年以内に現金化できるであろう
資産が記述されています(ワンイヤールール)。

社会に出れば(嫌というほど)分かることですが、
例えば、商社と工場の間では商品の受け渡しの際に
現金の支払いというケースは「まれ」です。

そのかわりに「いついつまでに支払いますよ」という
約束の紙(受取手形)を工場は商社に渡すのです。

ということは、その約束の期限まではその売上金は
企業の手元にありません。
約束期限前に工場がつぶれたら、回収不能のリスクもあります。

そういう「後でもらえるはずのお金」も流動資産に含まれています。

私がよく使う「即金力」という言葉は、実は現金預金を指しています。

これは銀行や、企業の金庫から即座に引き出せるお金であり、
「明日にでも即金で必要」
という緊急性にも対応可能なお金。


「流動性が上がり、即金力が減少」とは、一年以内で
現金化できる資産は流動負債より比率が高くなったが、
流動資産の内訳を見ると、今日明日中に引き出せるお金は
減っているよ。

ということです。う~ん、詳しくは決算書に関する書籍を見るとはっきりするかな。

  • 2006年06月06日火
  • URL
  • tanezeni #-
  • 編集

流動比率

こんばんは、いつも勉強になります!

ところで
>当然「即金力」が割合的に少ない状態かつ減少傾向。
とありますが、『減少傾向』とはどういうことですか??
流動比率が上がってきているのは、増加傾向なのかなと思ったんですが、どうでしょうか?><

明日は試験があるのにこんな時間・・おやすみなさいですm(_ _)m

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanezeni.blog18.fc2.com/tb.php/287-8daa432e

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。