お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(9782)ディーエムエスの決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/06/24 00:19】

決算書分析済み銘柄リストへ




(9782)ディーエムエス
【 でぃーえむえす 】
ダイレクトメール首位。セールスプロモーション、イベント事業へ進出。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥15,344 ¥17,044 ¥18,413
経常利益 ¥377 ¥333 ¥930
経営安全率 21.47% 18.60% 41.37%
流動比率 68.91% 130.26% 147.20%
自己資本比率 43.55% 40.09% 37.76%
総資本経常利率 2.72% 2.23% 6.98%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


■2006年3月期は大幅アップ「経営安全率」
 2006年3月期は原価・販管費の双方が圧縮され、
 売上高対営業利益率が約2.8%もアップ。

 これが経営安全率を20%以上も引き上げることに。


■企業規模並みの「儲け力」になったが「総資本経常利益率」
 低迷していた「儲け力」のほうも、2006年3月期は
 4.7%上昇と、急回復した。

 とはいえ、総資産が減少した影響もあるので、
 やや割り引いた評価をせざるを得ないか。


■ブルーゾーンまでもうひと息「流動比率」
 固定資産と流動負債の縮小が主な要因。
 短期借入金が軽くなったのは、良い事といえる。


■負債総額は減らせず「自己資本比率」
 剰余金が少しずつ積み重なっているものの、
 負債総額があまり減らない。

 先ほど、短期借入金が縮小したことを記したが、
 実は長期借入金のほうが大幅に増加している。

 資本構成も「その他資本」のマイナスが膨らみ、
 あまり振るわない状態。


経営戦略が具体的でないのでは?
 中長期目標として

 1.業務センターを中核とした生産体制の効率化と内製化促進
 2.最新IT技術を駆使した各種機能の拡張と高度化による
  トータルサービスの充実
 3.新商品開発や提携戦略による業務領域の拡張と競争力の向上
 4.汎用性を高めた情報処理および物流加工運営システムを
  展開しての周辺業務領域への進出
 5.個人情報を主とする機密情報管理の徹底

 を主要テーマとしてあげているが、それを
  「どのようにして実現させるの?」
 が不明確に感じる。正直、不満。

 個人的には、もっとリアルな戦略説明が欲しい。




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!

 ディーエムエスのHP


スポンサーサイト



△TOP△トラックバック:0コメント:0

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanezeni.blog18.fc2.com/tb.php/366-d99c2d7d

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。