お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(9777)日本電子計算の決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/06/24 18:30】

決算書分析済み銘柄リストへ




(9777)日本電子計算
【 にほんでんしけいさん 】
情報サービスの中堅。日本証券金融が筆頭株主。
証券に基盤持つほか官公庁・土木建設にも強み。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥36,721 ¥39,842 ¥38,287
経常利益 ¥281 -¥1,145 ¥1,153
経営安全率 4.85% -27.31% 16.66%
流動比率 133.41% 130.95% 135.38%
自己資本比率 37.77% 35.83% 42.60%
総資本経常利率 0.74% -3.23% 3.70%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


■コスト管理に難あり。「経営安全率」
 2005年3月期は原価の高騰に耐え切れず、安全率はマイナスに。

 2006年3月期は反転回復したものの、減収増益。
 しかも原価比率が落ち着いた分、販管費比率が高騰ぎみ。

 コスト管理能力に疑問符を付けざるを得ない。


■まだ標準的な「儲け力」には遠い。「総資本経常利益率」
 回復傾向の2006年3月期も「儲け力」はまだ不足状態。
 改善努力の姿は見えない。


■資産構成に難ありか。「流動比率」
 流動比率は安全域に到達できそうな兆しは見えない。

 資産構成を細かく見ると、

  ・売上金の未回収が多い
  ・設備投資(ソフトウェア)が過剰なのでは?

 と懸念されるところなのだが、ここの経営陣は
 どのように見ているのか!?


■負債の圧縮が寄与も「自己資本比率」
 2006年3月期は40%を越えてきた。

 とはいえ、総資産が毎年着実に下降線をたどっており、
 自力で自己資本比率を上げたとは到底考えられない。


周りの環境に甘えていないか?
 特に財務の構成や期末決算の推移を見ていると、
 筆頭株主や、主な取引先などの環境に甘えている感が。

 もっと、自力で企業を盛り立てる勢いを
 感じさせて欲しいのだが、いかがであろう?




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!

 日本電子計算のHP


スポンサーサイト



△TOP△トラックバック:0コメント:0

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanezeni.blog18.fc2.com/tb.php/370-9351f566

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。