お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ時事ネタのこと

オハマの賢人が託すもの

時事ネタのこと【2006/06/26 20:00】

ついに、『オハマの賢人』が動き出したといった感じ。



米国の著名投資家、ウォーレン・バフェット氏(75)は25日、
保有資産の大半を慈善団体に寄付する意向を表明した。

米経済誌フォーチュンなど米メディアによると、同氏は会長を務める
米バークシャー・ハサウェイの保有株式の約85%
を7月から段階的に5つの慈善団体に寄贈する。

寄付総額は約370億ドル(約4兆3000億円)

近くに達する見込み。

このうち8割強は米マイクロソフトのビル・ゲイツ会長が
設立・運営する慈善団体「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ基金」
に寄付される見込みだ。

バフェット氏も慈善団体を設立・運営してきたが、
旧知のゲイツ氏の活動に共鳴しており、
ゲイツ氏の財団に資産を集約することで
資金の有効活用が図れると判断したという。



まるで、バフェット氏の友人ビル・ゲイツの
マイクロソフト引退を待っていたかのようなこの動き。

そして、バフェット氏自身がバークシャー・ハサウェイでの
最後の大仕事として今まで温めていた計画の実行。



恐らくは、オハマの賢人が第一線で活躍することは
今後ないのかもしれない。
(ただし、バフェット氏本人が引退時点で資産の99%以上を寄付する
と宣言しているので、まだ完全に引退するわけではないのだろう)



そして、後継者へ残すべきものが「お金」というものではないと
行動で示す姿は、あくまで「オハマの賢人」らしい気がする。


バフェット氏が米バークシャー・ハサウェイ社の後継者へ、
そして多くの投資家へ残さんとする偉大なる財産。

それこそが「手紙」に書かれた知識だということに
気づくことが出来れば、370億ドルなど、決して惜しくは
無いということなのだ。


<<ただいまのたねゼニ>> (前日比)
ネット収入たねゼニ ¥9,440  
100円玉たねゼニ ¥18,800  
臨時収入たねゼニ ¥20,050 (+4,000)

総たねゼニ ¥48,290 (+4,000)
スポンサーサイト



△TOP△トラックバック:0コメント:0

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanezeni.blog18.fc2.com/tb.php/379-1618f577

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。