お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ時事ネタのこと

「懲りない」By.金融調査会

時事ネタのこと【2006/06/30 19:55】

FujiSankei Business i. on the Webより。
相変わらず困ったものだなぁ。



自民党の金融調査会は、貸金業制度等に関する小委員会を開き、
上限金利のあり方や多重債務者の発生防止策
などについて議論した。

出資法の上限金利(年29.2%)と
利息制限法の上限金利(同15~20%)の間の
グレーゾーン
については、出資法の上限金利を利息制限法の上限に
「限りなく近づけるべき」
との意見が大勢を占めた。

(中略)

ただ、同日の会合では

「適合条件を満たす優良貸金業者には、
貸出金利の上乗せを認めるべきだ」
「上限金利を下げる以上、違法業者への罰則にも緩和措置が必要」

といった、

新たな“グレーゾーン”

の容認を求める声も出るなど、
既存の事業者に配慮する意見も出るなど、結論は持ち越しとなった。



「事業者への配慮するためのグレーゾーン」

これって正しい考え方なのだろうか?



いままでの「悪い体質」を改善させるために実施しているはずが、
断固たる決断を下せない委員会。

なにか後ろめたいものがあるのでは?と感ぐってしまう。



本当に「事業者への配慮」を考えるとするならば、
わずかな「グレーゾーン」を作り出すのではなく、

「グレーゾーンなど無くてもきちんと業務が出来る方法」

これを検討できる機会と議論を展開すべきだと考えるのだが。


いつも口をすっぱくして記事にしている(つもり)だが、
どうも「新しい発想」を生み出そうとする姿勢が見られない。

「丸く収まるように妥協できる範囲」の模索ばかりで
スパッと結論できず、どうにもこうにも「政治が面白くない」!



正直、
「太田光の私が総理大臣になったら・・・秘書田中
のほうが、よほど「政治」らしく感じる。
(まあ、マニフェストの内容はともかくとして・・・ね)

「本当にそれで国民が納得するの!?」

という考えを根本に、必死に話し合っているもの。


今の国会は「本当にそれで国民が納得するの!?」という部分が
明らかにになおざり(等閑)にされていて、
党の面子やら地位やらが、いやらしいほどに見え隠れしている。






・・・本当に半年ぐらい、「太田内閣」で国会やってみたらどう?


<<ただいまのたねゼニ>> (前日比)
ネット収入たねゼニ ¥9640  
100円玉たねゼニ ¥19,200  
臨時収入たねゼニ ¥21,050  

総たねゼニ ¥49,890  
スポンサーサイト



△TOP△トラックバック:0コメント:0

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanezeni.blog18.fc2.com/tb.php/396-53db0bd2

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。