お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(9685)共同コンピュータホールディングスの決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/07/07 11:57】

決算書分析済み銘柄リストへ




(9685)共同コンピュータホールディングス
【 きょうどうこんぴゅーた 】
福井県発祥。独立系。システム開発とデータエントリーが軸。
04年秋に純粋持ち株会社化。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥3,514 ¥3,764 ¥3,819
経常利益 ¥139 ¥236 ¥247
経営安全率 20.51% 29.28% 31.35%
流動比率 115.44% 135.87% 174.14%
自己資本比率 28.19% 34.57% 50.64%
総資本経常利益率 5.33% 8.51% 8.14%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


■主力で勝負!「経営安全率」
 2005年3月期以降、売上高対営業利益率が約3%UP。
 これによって確実な営業利益の確保が可能に。

 営業外利益は、うまく支払利息を含めて相殺されている状態。
 ほぼ、営業利益のみで叩き出した経営安全率である!


■高水準の「儲け力」「総資本経常利益率」
 8%を越える総資本経常利益率は好感触。
 これだけの数値があると、利益を資本の強化に大きく寄与できる。


■体内改革はまだ途上か?「流動比率」
 流動比率は2006年3月期になってようやく安全圏に。

 問題点は、有形固定資産の減価償却がうまく進まないことと
 借入金の圧縮に至らないこと。

 営業活動面(支払い・売上金回収)は順調なので、
 あとは経営陣の経営戦略次第か。


■ようやく剰余金に水が。「自己資本比率」
 自己資本比率は50%。数値的には問題なし。
 だが、2005年3月期までは剰余金がマイナスだった。
 (要するに過剰債務で苦しんでいた状態が続いていた)


■今後が本当の「勝負どころ」
 利益面に光が見え始め、財務面へも良い方向へ向きが替わった。
 とはいえ、まだ「兆し」が出てきたばかりの状態。

 経営陣の頑張りどころはこれからが本番だ!




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 共同コンピュータホールディングスのHP


スポンサーサイト



△TOP△トラックバック:0コメント:0

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanezeni.blog18.fc2.com/tb.php/426-81239307

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。