お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ時事ネタのこと

「反省すべき人」は?

時事ネタのこと【2006/07/07 21:10】

最近、話題に事欠かない株式市場の仕組みについてのニュース。

金融庁は7日
 ・監査法人トーマツ
 ・新日本監査法人
 ・あずさ監査法人
 ・中央青山監査法人
の4大監査法人に対して、
監査の品質管理に関する業務改善
を指示した。

公認会計士・監査審査会が6月30日に出した勧告を踏まえた措置。

金融庁によると、4大監査法人は、
・法令順守体制や独立性確保のための手続きの運用の不備
・監査業務の審査について不十分

な点が認められ、全体として
監査の品質管理のための組織的な業務運営
に問題があるという。



参考:監査法人に対する業務改善指示(金融庁)


まあ、いきなり話がそれるけれど、いちど日本株式市場の歴史
について触れさせていただきたい(かる~くね♪)





まずは1878年東京証券取引所と大阪証券取引所が
売買立会を開始たのが今の日本市場へとつながっている。
(それ以前にもあったのだが、うまく行かなかったようだ)
 ↓
 ↓
で、遅れて1949年日本公認会計士協会が任意団体として創立。
 参考:日本における会計・監査制度の歴史
 ↓
 ↓
今の4大監査法人が立ち上がったのは1960年代後半。
 ↓
 ↓
そこから40年以上を経て、
2004年に公認会計士・監査審査会が設立。
 参考:公認会計士・監査審査会の組織・制度について





結局、

130年近い日本株式市場の歴史において、

50年以上の会計・監査制度があるにも関わらず、

それを審査する制度は発足して2年しか経っていない

・・・ということ。


以前、コメントで「とおりすがり」さんが

自治体関係に対応できる会計監査は世界でも相当後発

とおっしゃっていたが、株式市場についても同様らしい。


けっきょく今回発生した問題は、気の緩んだ監査法人、
それを監視できる仕組みをいつまでも先送りしていた金融庁
双方に反省をしてもらわなければいけませんな!


<<ただいまのたねゼニ>> (前日比)
ネット収入たねゼニ ¥10,540  
100円玉たねゼニ ¥19,600  
臨時収入たねゼニ ¥21,050  

総たねゼニ ¥51,190  
スポンサーサイト



△TOP△トラックバック:0コメント:0

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanezeni.blog18.fc2.com/tb.php/428-a3905560

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。