お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(9610)ウィルソン・ラーニング ワールドワイドの決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/07/16 00:40】

(9610)ウィルソン・ラーニング ワールドワイドの決算書分析

決算書分析済み銘柄リストへ




(9610)ウィルソン・ラーニング ワールドワイド
【 うぃるそんらーにんぐわーるどわいど 】
企業の人材開発(HRD)と採用支援(CC)を世界展開。
米国発祥だが91年に日本法人が逆買収。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥6,735 ¥6,362 ¥6,812
経常利益 ¥342 ¥266 ¥291
経営安全率 8.35% 6.82% 7.05%
流動比率 142.28% 155.10% 177.47%
自己資本比率 41.18% 44.34% 48.18%
総資本経常利益率 6.21% 4.91% 5.39%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


■どこをどう削るか!?「経営安全率」
 経営安全率は、はっきり言って不満が残る。

 販管費は、人件費の比重が高いのは分かるが、
 もう少しバランス考慮を。

 2006年3月期時点で、原価比率39.3%、販管費比率56.2%。
 何とかして双方を2~3%ずつ削減できないだろうか?


■「儲け力」は、ほぼ標準。「総資本経常利益率」
 「儲け力」は増減があるものの、ほぼ標準の状態。
 売上金が大きいのであろう。

 もし、先ほどの営業費用削減への努力を実践すると、
 総資本経常利益率は11%を越えられるのだが。


■安定した潤いを維持。「流動比率」
 流動比率は2004年3月期はやや低めも、
 最低ラインはきちんと抑えているようだ。

 財務バランスとしては、やや「売上金の回収速度」が
 ネックのような気がする。


■50%目前!「自己資本比率」
 流動負債の圧縮(仕入れ品の支払い速度改善)が好印象。
 剰余金の増加もしっかりしている。

 竹田和平さんが好んで買いそうなはずだ。


■内部管理体制の整備については、好印象!
 「内部管理体制の整備」に関して人材開発企業らしく、
 設備投資での向上ではなく、「組織のつながり」を
 重視している点は評価できそう♪

 あとは、やはり「コスト削減努力」も頑張って
 いただきたいところだ。




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 ウィルソン・ラーニング ワールドワイドのHP


スポンサーサイト



△TOP△トラックバック:0コメント:0

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanezeni.blog18.fc2.com/tb.php/466-173175b8

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。