お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(3872)三島製紙の決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/08/05 09:53】

決算書分析済み銘柄リストへ




(3872)三島製紙
【 みしませいし 】
薄葉紙が主力で、たばこ巻き紙首位。
日本製紙子会社譲り受け合併、塗工紙・上級印刷紙に展開。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥17,436 ¥36,086 ¥35,721
経常利益 ¥321 ¥2,381 ¥760
経営安全率 11.59% 34.87% 14.90%
流動比率 106.92% 88.06% 85.84%
自己資本比率 46.60% 26.16% 27.69%
総資本経常利益率 1.59% 6.08% 1.91%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


■一時・大伸びも、元の鞘に「経営安全率」
 2005年3月期は原価比率販管費比率共に
 大きくコストダウンし、売上高対営業利益率
 1.9→6.8%の大躍進。

 ところが、2006年3月期に原価比率が5%近く高騰したことで、
 再び営業利益に元気がなくなってしまった。


■こちらも「山なり」状態「総資本経常利益率」
 2005年3月期は「特需」だったといわざるを得ない。
 結局「儲け力」は超低空飛行が本来の姿。厳しい。


■固定資産と棚卸資産が大幅に増加「流動比率」
 流動比率は2005年3月期にレッドゾーンへ突入。
 棚卸資産が約2倍、固定資産が2.4倍と大きく足を引っ張る。

 これにより、借入金までもが膨らんでしまい、
 減らすことが出来ない状態に陥っている。


■回復を目指すも、背負ったものは重い。「自己資本比率」
 自己資本比率が46%から20%ダウン。
 それ以上に、資本合計に対する総借入金額が0.5倍から1.4倍に!

 大きな負債を背負わされたといった状態だ。


■財務改善のためにも、「即金力の強化」を!
 まずは、膨大な未回収金と、棚卸資産の現金化を一刻も早く
 実現して欲しい。

 そこを最重点に置きながら、入念な過剰設備の整理を行い、
 不良債権処理も並行して進めない限り、借入金による
 利益への圧迫も増えてしまうことだろう。




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 三島製紙のHP


スポンサーサイト



△TOP△トラックバック:0コメント:0

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanezeni.blog18.fc2.com/tb.php/556-80a718d3

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。