お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(8059)第一実業の決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/08/06 00:08】

決算書分析済み銘柄リストへ




(8059)第一実業
【 だいいちじつぎょう 】
機械専門商社。三菱重工と密接。石油開発や情報関連強い。
技術サービス・メーカー子会社持つ。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥105,462 ¥112,018 ¥112,860
経常利益 ¥2,938 ¥3,687 ¥4,146
経営安全率 26.38% 28.21% 27.94%
流動比率 120.49% 121.38% 129.14%
自己資本比率 26.28% 26.69% 32.77%
総資本経常利益率 4.62% 5.30% 6.20%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


■営業利益の収益幅が拡大も「経営安全率」
 売上高対営業利益率は2.5→3.0→3.5%と順調に続伸。
 これは、原価比率が89.4→88.3→86.8と大きく抑えられている
 からだ。

 逆に販管費比率が8.0→8.5→9.6%とかさみがちに。
 せっかく原価が落ちているのだから、販管費にも目を光らせて
 欲しい。


■「儲け力」は順調にパワーアップ!「総資本経常利益率」
 2004年3月期はやや不足気味だった「儲け力」も、
 年々着実に上昇!

 やはり、営業利幅が大きくなっていることが大きい。
 原価が高騰しないことを祈らねばならないが・・・


■流動性はイエローゾーンのまま「流動比率」
 少々不思議なのが流動比率150%に届く気配がないこと。

 じっくりと、バランスシートを眺めてみると、
  ・売上金の未回収額が流動資産の75%以上を占める
  ・仕入れの未払い金が流動負債の70%以上を占める
 の2点が浮かび上がってくる。

 未回収金の4割ほどを未払い金に充てることが出来たと
 仮定すると、それだけで流動比率は147%にまで伸びる。

 この状況が慢性的なの状態である点には、きちんと改善を!


■負債の圧縮も「支払い速度」次第「自己資本比率」
 自己資本比率が32%に甘んじているのも、きちんと
 仕入れの支払いを速やかに行っていないことが大いに
 関係している。

 借入金の圧縮と剰余金の積み上げがしっかり行われている
 だけに、非常に残念だ!


■「協力一致、堅実運営、積極活動」の社是三原則
 今一度、細かい点を再点検していただきたい。

 明らかに、業績の足を引っ張っているのは
 「仕入れっぱなし・売りっぱなし」
 が常習化していること。

 恐らくは販管費比率にもつながっている事だろう。
 逆にこれさえ改善すれば「ビッグチャンス」!
 もっと大きく企業を成長させられるはずだ。




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 第一実業のHP


スポンサーサイト



△TOP△トラックバック:0コメント:0

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanezeni.blog18.fc2.com/tb.php/561-bd5ebfda

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。