お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(9179)川崎近海汽船の決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/08/08 16:48】

決算書分析済み銘柄リストへ




(9179)川崎近海汽船
【 かわさききんかいきせん 】
内航・フェリーで6割弱。4割強は日本と東南ア・ロシア間の近航。
大手製鉄・製紙が主要顧客。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥27,526 ¥30,626 ¥34,091
経常利益 ¥1,385 ¥3,425 ¥3,849
経営安全率 27.87% 49.69% 53.57%
流動比率 130.96% 133.67% 124.02%
自己資本比率 34.20% 38.58% 41.44%
総資本経常利益率 4.61% 10.97% 11.72%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


■売上高&利幅アップ!!「経営安全率」
 売上高対営業利益率が6.3→12.1→11.6%
 (2006年3月期は原価高の影響)
 と、倍近くも利益幅が広がった!

 販管費比率を11.7→10.4→9.4%と着実に圧縮。
 原価の大幅圧縮という恩恵もあったが、コスト管理はしっかり。

 ただし、支払利息の増減が激しい。財務はどうか!?


■「儲け力」は一気にメジャー級へ!「総資本経常利益率」
 標準値にやや劣っていた「儲け力」も、一気に大幅アップ。
 いまや総資本経常利益率が10%を上回る、魅力十分なものに!

 2005年3月期の経常利益成長率147%は驚異!!


■伸び悩み??「流動比率」
 流動比率は120~130%と、安全圏には届かず。
 2006年3月期は指標低下も、「即金力」アップは救いか。

 大きな要因は「仕入れの支払い」「売上げの回収」が
 流動資産・流動負債のなかで群を抜いて多いこと。

 これを解消しない限り、150%(安全圏)を超える事は
 難しいだろう。


■剰余金の増加が多い。が・・・「自己資本比率」
 利益剰余金が10~20億クラスで増加され、資本合計は
 うなぎのぼり。
 その割には、自己資本比率の増加は意外にもなだらか。

 その訳は、資本合計に対する総借入金の比率が思ったよりも
 減らないからだと考えられる
 (2006年3月期の時点で、借入金は資本合計に匹敵している)


■財務管理もお忘れなく!
 各航行部門での収益に対する目標がしっかりと割当てられており、
 収益の面では安心感が高そう。

 反面、企業そのものの財務に対する問題提起はない。
 お世辞にも、健康体は見えない財務バランス(指標ではそこそこだが)
 から浮き出てくる問題に気づかないと、痛い目にあうことも。




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 川崎近海汽船のHP


スポンサーサイト



△TOP△トラックバック:0コメント:0

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanezeni.blog18.fc2.com/tb.php/569-a6aac56b

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。