お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(9068)丸全昭和運輸の決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/08/25 16:45】

決算書分析済み銘柄リストへ




(9068)丸全昭和運輸
【 まるぜんしょうわうんゆ 】
独立系。JFE・昭電・富士写真フイルムが大口荷主。
小口貨物、航空で業容拡大。輸入青果も扱う。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥81,066 ¥86,360 ¥87,641
経常利益 ¥3,875 ¥3,770 ¥3,583
経営安全率 60.07% 57.29% 54.70%
流動比率 107.42% 107.58% 131.71%
自己資本比率 51.42% 53.04% 51.29%
総資本経常利益率 4.39% 4.23% 3.47%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


■増収減益・・・「経営安全率」
 売上高が伸びている反面、経常利益がジリジリと減少。
 これは、原価比率販管費比率の双方で
 利益の圧迫が続いているためである。

 売上高対営業利益率が4.4→3.9→3.6%と微減少であるものの、
 その影響は、経営安全率を5%以上引き下げるほどに大きい。


■「儲け力」も力なく。。。「総資本経常利益率」
 企業規模にやや及ばなかった「儲け力」についても
 着実なパワーダウンを示している。

 利益の低下にもかかわらず、総資産が大きく伸び続ける
 ために、その下落値は大きくなりつつある。


■流動性の良化は、今後維持可能か?「流動比率」
 2006年3月期に流動比率が20%以上改善された。
 これは、「即金力」である現金預金が増加したためである。

 ところが、この動きは長期借入金の増加によるもの。
 他の項目に対する改善(例えば支払いや回収速度のアップ
 といった、営業能力の改善)が、表から見い出せないのが残念だ。


■指標的にはやや落ち着いているが・・・「自己資本比率」
 自己資本比率は50%前半の値で落ち着いている。
 剰余金についても、きちんと積みあがっている。

 反面、借入金の総額がやや増加傾向で、資本と比較した際の
 割合も多くなりつつある点が気になる。


■全体的にコスト管理が甘いか。
 「利益の伸び悩み」と「財務構成の改善不足」。
 決算書から、この2つの問題点が浮かび上がる。

 恐らくは、営業活動におけるコスト意識が薄いのでは
 ないだろうか?




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 丸全昭和運輸のHP


スポンサーサイト



△TOP△トラックバック:0コメント:0

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanezeni.blog18.fc2.com/tb.php/600-d59d014a

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。