お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(8282)ギガスケーズデンキの決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/09/20 19:30】

決算書分析済み銘柄リストへ




(8282)ギガスケーズデンキ
【 ぎがすけーずでんき 】
北関東地盤の家電量販大手。
ギガス、八千代ムセン電機も傘下におさめ全国区へ勢力拡大。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥220,000 ¥343,383 ¥399,791
経常利益 ¥6,111 ¥8,071 ¥11,154
経営安全率 22.17% 17.04% 18.89%
流動比率 112.06% 122.80% 118.97%
自己資本比率 41.82% 34.40% 40.67%
総資本経常利益率 8.07% 5.60% 7.17%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


■営業利幅不安定。「経営安全率」
 売上高対営業利益率は1.4→0.5→0.9%と、かなり
 薄利、活安定感に欠けることが鮮明に浮かぶ。

 この状況を救っているのが「仕入れ割引」。
 (これは、仕入れの代金を早期支払いすることによって相手から
 代金の一部を減額してもらうことで発生する営業外収入)

 (資金不足などで)この仕組みが崩れると、危険なわけだ。


■基準値をおさえながらも不安定か。「総資本経常利益率」
 「儲け力」は、ここ3年間は不安定さを隠せない。
 2005年3月期に大きく資産を増やしたことが要因の一つだが、
 その後、回復傾向を見せており、ひとまずは危機を乗り越えた?


■資金には余裕なし。「流動比率」
 流動比率は110~120%あたりで推移。少々物足りない。
  ・未回収金の増加
  ・棚卸資産の増加
  ・仕入れの未払い金増加
 と、流動性だけでは見えない部分での財務バランス
 悪化が目立つ。

 特に未払い金増加は、(営業外)収益にも影響しかねない。


■増資に次ぐ増資で指標を保つ。「自己資本比率」
 2005年3月期は増資&借入金の大幅増加で一時失速。
 2006年3月期は、借入金の圧縮で自己資本比率は再浮上した。

 剰余金は年々増加傾向でひとまずは安心だが、
 今後は借入金の圧縮に力を入れていって欲しいところ。


■「価格競争」に勝ち抜くための資金が不安。
 大型電気機器販売店は、営業利益よりも
 【仕入れ割引】による利益確保が勝負の分けれ目のようだ。

 その分、現金預金があれば、率先して支払いへ回している
 傾向が高いのか、バランスシートで見る「即金力」が
 常に低い。

 ケーズ電器系列は、ポイント制を採用していない分、
 特に支払いの遅延は致命となりかねないと思うが、
 バランスシート上の額面推移には少々・・・




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 ギガスケーズデンキのHP


スポンサーサイト



△TOP△トラックバック:0コメント:0

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanezeni.blog18.fc2.com/tb.php/716-0786cdf7

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。