お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(8275)フォーバルの決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/09/21 17:00】

決算書分析済み銘柄リストへ




(8275)フォーバル
【 ふぉーばる 】
中小企業向け電話機・OA機器販売を展開。
IP電話拡大に注力、営業人員を積極採用。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥32,981 ¥40,089 ¥27,500
経常利益 ¥1,360 ¥1,962 ¥14
経営安全率 12.53% 14.10% 0.13%
流動比率 123.95% 156.73% 185.19%
自己資本比率 41.01% 47.49% 60.58%
総資本経常利益率 7.39% 10.10% 0.08%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


■突然の売上げ低下に対応しきれず。「経営安全率」
 売上高対営業利益率は4.3→4.9→0.0%と、
 2006年3月期に垂直落下してしまった。

 これは売上高の大幅減少が根底の原因だが、販管費比率
 その売り上げ減少に対応できる体制でなかったことを
 さらけ出す結果となった(28.5→29.8→40.2%)

 それにしても、売上高が約38%減に対し、
 経常利益が99%減という結果はお粗末というもの。


■「儲け力」も、垂直落下に。「総資本経常利益率」
 2005年3月期まで、「もっといけるかも?」と思わせていた
 儲け力が、いきなり着陸態勢まで低下した結果には、
 驚きを隠せない。


■財務バランスに安定感が???「流動比率」
 流動比率は年々上昇し、基準値を超え、180%台を突破。
 しかし、財務の各項目バランスには少々不思議な感じが。

 どの項目をとっても、その額面の増減が激しく、不安点なのだ。

 順調なのは、借入金の圧縮と、長期投資資産の増加くらいか?


■指標だけなら満点だが・・・「自己資本比率」
 債務超過が続いており、剰余金がプラスに転じない。
 それなのに、自己資本比率が60%もあるのは、単に
 資本金が著しく多いだけの話。

 借入金の圧縮など、好材料もあるが、仕入れの支払いと
 その他未払いの滞っている分が負債の8割強あるなど、
 資金の調達・流れに疑問大。


■経営に一貫性を感じない!?
 2006年3月期は、ちょうど売上高の減少分を稼いでいた
 子会社を売却してみたり、債務超過分を十分に補える
 だけの投資有価証券を保有してみたりと、
 主力の業務に関心が薄いのでは?と勘繰ってみたくなる。

 決算短信の中長期的な経営戦略に目を通してみても、
 決算書から読める現状と、経営者の発言のギャップを
 感じてしまうのだが、いかがだろう?




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 フォーバルのHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。