お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(8242)阪急百貨店の決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/09/23 12:30】

決算書分析済み銘柄リストへ




(8242)阪急百貨店
【 はんきゅうひゃっかてん 】
梅田本店は関西随一のデパートで収益力抜群。
関西主体だが首都圏も展開。スーパー強化中。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥384,556 ¥385,674 ¥381,285
経常利益 ¥16,011 ¥17,663 ¥16,053
経営安全率 14.21% 15.57% 14.18%
流動比率 105.76% 117.12% 115.93%
自己資本比率 48.51% 46.43% 50.83%
総資本経常利益率 6.76% 6.64% 5.81%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


■売上げ・販管費共にやや不安定?「経営安全率」
 売上高対営業利益率は3.9→4.3→3.8%と、
 4%ラインをベースとして推移しているように見える。
 しかし、原価比率の圧縮がきちんと進んでいるのに対して
 販管費比率が25.3→25.0→25.8%と変動を示しているのは  要注意か。

 支払利息のほうは、目に見えて削減が進み、好印象♪


■「儲け力」は陰りが見えるか。「総資本経常利益率」
 「儲け力」は、基準値をキープしつつも、その数値は
 ジリジリと低下傾向を見せている。

 営業コストの管理と、売上高の安定を計り、下げ止まって欲しい。


■流れはやや少なめ。即金力上昇。「流動比率」
 流動比率は110%台で停滞中。長期借入金の返済が
 進んでいる影響も多少はあるのかもしれない。

 流動資産に目を向けると、「即金力」が順調に増加!
 支払余裕比率が41→66%へと変化した。

 あとは「仕入れの支払い」が鈍い点に注目。
 ここの改善で、流動性はかなり改善されるはずだ。


剰余金の積み上げが快調「自己資本比率」
 毎年、剰余金の積み上げをきちんと行われており、
 自己資本比率は安全圏を保っている。

 借入金の圧縮もしっかりと進んでいるのだが、
 負債そのものの圧縮には苦戦も見える。


■「高収益体質と強固な財務体質」と豪語しているが!?
 決算短信の中の一文で
  『当社グループが誇る高収益体質と強固な財務体質』
 という言葉がおどっているが、これは少々
 誇張のような気がする。

 もっと驚くような高収益、好財務の企業は山とある訳で、
 そういう企業の業務体制を徹底的に研究するくらいの
 謙虚さも持ち合わせねば、足元をすくわれる可能性も!




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 阪急百貨店のHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。