お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(8238)伊勢丹の決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/09/23 23:50】

決算書分析済み銘柄リストへ




(8238)伊勢丹
【 いせたん 】
新宿本店の収益力は業界トップクラスでファッション衣料に強い。
阪急百貨店と提携。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥614,810 ¥628,996 ¥760,038
経常利益 ¥16,157 ¥21,908 ¥30,927
経営安全率 9.19% 11.99% 13.95%
流動比率 79.11% 84.40% 82.08%
自己資本比率 38.09% 37.54% 41.88%
総資本経常利益率 3.81% 4.75% 6.27%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


■売上高増強&利幅アップ「経営安全率」
 売上高対営業利益率は2.7→3.0→3.9%と、
 原価比率をしっかり圧縮させながら、
 販管費比率のコスト管理にも着手し始めた感じ。

 経常利益に対する支払利息の割合は多くないものの、
 営業外費用が、いまだに20%近い影響力を持っている。


■「儲け力」は、基準値越えに成功!「総資本経常利益率」
 2006年3月期の売上高アップに後押しされた形で、「儲け力」が
 一気に6%を上回るまでにパワーアップした。

 願わくば、営業外費用の『てこ入れ』をおこなうことで、
 もう0.5~1.0%の底上げを目指して欲しい。


■財務バランス改善はこれからか?「流動比率」
 流動比率は80%台で伸び悩みを見せている。
 固定比率が150%以上と、かなり重いが
 その中でも、長期投資への資金注入が積極的なのが気がかり。

 優先すべきは、目に見えて不足がちな「即金力」の強化と、
 それを上回る「仕入れの未払い」「売上金の回収」を
 いかに改善してゆくか、という点のはず。


■安全圏突入も・・・「自己資本比率」
 自己資本比率は40%を突破し、安全さを増した。
 これは資本の増資と、剰余金の積み上げが積極的だからであろう。

 問題は負債の内訳に関するバランス。
 増減が激しく、安定感のない借入金の調達と、
 年々着実な増加を見せる仕入れの未払い金。

 ここも徹底的に手を加えてゆきたいところだ。


■本店の再開発成功をベースモデルに積極策を展開か。
 近年の収益改善は、本店で確立できたオペレーション
 によるもの、と決算短信では分析されている。

 これは、
  『確立されたオペレーションを支店・グループ百貨店にも』
 の言葉どおり、実践して言って欲しい。

 ただ、それ以上に目を向けるべきは『財務管理』だろう。
 改善すべき点は山のように眠っている。
 これにどれだけ着手できるかが、今後の発展を左右するのでは?




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 伊勢丹のHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。