お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(8208)エンチョーの決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/09/25 12:30】

決算書分析済み銘柄リストへ




(8208)エンチョー
【 えんちょー 】
静岡県地盤のホームセンター大手。中京・南関東にも展開。
DIY強化、店舗大型化に取り組む。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥48,304 ¥47,362 ¥47,816
経常利益 ¥838 ¥761 ¥933
経営安全率 5.99% 5.61% 6.80%
流動比率 81.57% 68.15% 76.35%
自己資本比率 22.39% 20.25% 20.63%
総資本経常利益率 2.34% 2.22% 2.63%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


■主力薄利に、他費用も重い「経営安全率」
 売上高対営業利益率は2.6→2.5→2.6%と
 大きな変化はなく、横ばいで推移。

 そして、その利益の30%以上を支払利息として、
 毎年差し引かれてゆく。これは大きな痛手だ。


■「儲けのシステム」順調にはほど遠く。「総資本経常利益率」
 「儲け力」は2%台と、企業規模に対して半分程度の
 パワーしか発揮することが出来ていない。
 支払利息分が利益に回ったとしても、4%台にすら届かず、
 収益の脆弱さを物語っている。


■固定資産に足を引っ張られる「流動比率」
 流動比率は70~80%付近でフラついている状態。
 資産のバランスが非常によろしくない。
  ・棚卸資産が流動資産の7割強
  ・固定比率が300%台をキープ
  ・長期投資額が流動資産の金額に匹敵
 これだけでも、財務管理に問題があることは明白。


■固定資産の一部清算も実らず「自己資本比率」
 2005年3月期に、剰余金の7割ほどを用いて、有形固定資産の
 一部を清算している。
 しかし、これによって財務改善が実った形跡はなく、
 「焼け石に水」状態で終わってしまっている。

 結局、借入金は微少、剰余金は再度積み上げを余儀なくされる
 状況となり、厳しさがいっそう増した状態だ。


■設備投資の推進と借入金の圧縮
 決算短信の「目標とする経営指標」のなかで、
  『事業規模拡大のための設備投資を実施するとともに、
   借入金の圧縮を進め、自己資本比率を25%台にする』
 という言葉を記している。

 失礼ながら、今の資金調達を悪化させている原因の一つが
 【設備投資】であり、借入金の圧縮を行うためには
 不良債権の切り離しを思い切って実施すべきだと、
 シロウト目に映る。

 常に資産の50%を借入金で支えている現実。
 あなたなら、これをどうやって打破するだろうか?




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 エンチョーのHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。