お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(8157)都築電気の決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/09/28 20:30】

決算書分析済み銘柄リストへ




(8157)都築電気
【 つづきでんき 】
富士通系ディーラーで2位。
通信機と情報システムが2本柱。グループ力強い。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥110,697 ¥110,222 ¥116,877
経常利益 ¥2,331 ¥2,412 ¥2,190
経営安全率 12.73% 13.43% 12.71%
流動比率 143.60% 140.55% 155.49%
自己資本比率 35.09% 36.30% 39.77%
総資本経常利益率 3.23% 3.30% 2.92%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


原価比率の上昇を抑えられず「経営安全率」
 売上高対営業利益率
 2.0→2.0→1.7%と営業利幅が落ち始めてきた。
 年々、原価比率が83.4→83.7→85.2%と上昇が続き、
 ついに販管費比率の圧縮でカバーしきれない状況に。

 支払利息の圧縮も進めているものの、経常利益アップには
 あまり効果はない。


■「儲け力」は衰退体制に突入?「総資本経常利益率」
 もともと企業規模に対して見劣りしていた「儲け力」。
 2006年3月期は、その勢いがさらに落ち始めている。
 何とかして食いとどめたいところだが。。。


■指標的には安全域に到達も・・・「流動比率」
 流動比率は2006年3月期に基準となる150%を達成。
 ただし、その内訳は微妙なものが。

 「売上金の回収」と「仕入れの支払い」が鈍く、
 流動資産・流動負債で6割以上と高い存在感を示している。


■安全域まであと一歩「自己資本比率」
 自己資本比率は順調に上昇し、40%まで手が届く位置に。
 剰余金の積み上がりと総借入金の圧縮が確実に進んでいる点は
 好印象を感じる。


■原価管理と営業活動の改善が課題だが。
 決算短信では決算書上の問題点について、あまり触れていない
 ような印象を受けた。

 経営陣は、あまり決算書を重視して見ないのだろうか・・・?




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 都築電気のHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。