お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(8133)伊藤忠エネクスの決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/10/03 20:30】

決算書分析済み銘柄リストへ




(8133)伊藤忠エネクス
【 いとうちゅうえねくす 】
伊藤忠系で燃料商社首位。
SSはJエナジー主体だが自社マークSSも拡大中。ガスも展開。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥555,059 ¥635,230 ¥771,894
経常利益 ¥6,398 ¥8,679 ¥8,576
経営安全率 10.62% 14.04% 14.13%
流動比率 122.89% 102.97% 106.19%
自己資本比率 38.68% 33.87% 33.53%
総資本経常利益率 2.89% 3.77% 3.64%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


■売上高増も、原価高騰にはかなわず「経営安全率」
 売上高対営業利益率は0.7→1.0→0.8%と低迷を隠せない。
 販管費比率を10.0→8.6→6.9%と大きく圧縮しているものの、
 原価比率の圧迫がこれを上回る。

 営業外費用の圧縮が進むも、支払利息はやや下げ止まり。
 危険な予感が。。。!?


■伸び切れない!?「総資本経常利益率」
 「儲け力」が3%台から伸び悩み状態。
 収益を考えれば、健闘しているともいえなくはないが、
 企業の業績としては、この数値では問題である。


■なんとかイエローゾーンで踏ん張っている「流動比率」
 流動比率は100%台で踏みとどまっている状態。
 長期投資に資金を注入している分、固定比率が上昇気味。

 流動資産をみると、棚卸資産の圧縮が見られるものの、
 「即金力」へ回らず未回収金の方へ流れている点が
 非常に残念。


■三すくみ状態「自己資本比率」
 「未払い金」「借入金」「資本合計」が均衡した形で
 推移しており、自己資本比率は伸びることが出来ない。

 剰余金は増えたり減ったりと成長感がない。
 収益が収益だけに、当然の結果とも言えなくはないが・・・


■流動資産と固定資産のコストを分けて管理。
 決算短信では、
  『流動資産コストと固定資産コストを厳密に区分』
 した活動を推進してゆく、と経営指標に記している。

 その成果が販管費比率の圧縮に現れているのかもしれないが、
 バランスシートには好影響とはいっていないような気も。

 今一度、経営戦略の見直し・整備・補正も視野に入れてみては?




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 伊藤忠エネクスのHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。