お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(8014)蝶理の決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/10/05 12:51】

決算書分析済み銘柄リストへ




(8014)蝶理
【 ちょうり 】
繊維商社の老舗、東レの支援下で経営改善中、
収益構造の抜本的改善・経営基盤の強化を推進。

もにゃサンyより、ご依頼いただきました♪)


2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥299,516 ¥242,184 ¥223,271
経常利益 ¥1,897 ¥3,388 ¥4,508
経営安全率 8.46% 16.72% 23.10%
流動比率 100.10% 105.66% 114.11%
自己資本比率 11.84% 22.47% 29.27%
総資本経常利益率 1.80% 4.82% 6.50%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


■支出の見直しが加速か?「経営安全率」
 売上高対営業利益率が1.0→1.8→2.0%と、拡大中。
 原価比率が高水準も、92.5→91.6→91.2%と圧縮進む。
 反面、販管費比率は売上高の減収に追いついてゆかない状態だ。

 あとは支払利息を含む営業外費用の圧縮で増益としているが、
 まだ利益に対する影響力は大きく、てこ入れが可能な状態。


■指標は基準値越えを達成。「総資本経常利益率」
 2004年3月期に超低空域をさまよっていた「儲け力」は、
 2005年3月期以降、大きく回復し、ついに基準値の5%を上回った。
 ただし、これは企業規模の縮小によるところが大きい。


■流動負債の圧縮進む。「流動比率」
 流動比率は100%からすこしずつ数値が改善中。

 とはいえ「即金力」が弱く、支払余裕比率も14%と低水準。
 ネックは「仕入れの支払い」と「売上げの回収」が鈍いこと。
 額面的には減少しているが、その支配力は突出している。


■「未払い金比率」60%超。「自己資本比率」
 自己資本比率は、剰余金の積み上がりと総借入金の圧縮で
 着実な改善を見せている。

 自己資本比率30%台の達成は十分可能だが、40%台となると、
 「大きな壁」が待ち構えている。
 資産の60%超を占めている「仕入れの未払い金」は脅威!


■財務管理体制の甘さが招いた粉飾事件。
 決算短信
  『法令遵守・内部統制の強化に努めています』
 と報告する直前(正確には2日前)に粉飾が発覚。

 その後、粉飾に関する調査を終え、上場廃止を免れた
 ものの、その罪は許されるものではなかったと思う。

  『その原因・動機は平成12年に策定された中期経営計画に
   基づく低収益事業からの撤退が順次現実化したことにより、
   所属する営業部の存続または自己の保身を図った点に
   あることが判明しました』

 企業側は、一部の元社員がおこなった行為ということで、
 締めくくっているが、当時経営陣に対する責任について
 問いていない点が腑に落ちない。

 いずれにせよ、決算書の内容は、財務管理の甘さをこれから
 改善してゆかねばならない段階だと、警告を発している
 ように見える。




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 蝶理のHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。