お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(7717)ブイ・テクノロジーの決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/10/05 18:00】

決算書分析済み銘柄リストへ




(7717)ブイ・テクノロジー

液晶ディスプレー、プラズマディスプレーパネル等の
検査関連装置が主力。ファブレスメーカー。
【 ぶいてくのろじー 】
もにゃサンyより、ご依頼いただきました♪)


2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥8,457 ¥10,680 ¥14,618
経常利益 ¥184 ¥386 ¥2,096
経営安全率 12.29% 17.69% 51.79%
流動比率 170.86% 176.83% 160.60%
自己資本比率 41.33% 44.97% 39.74%
総資本経常利益率 2.59% 4.47% 15.75%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


原価比率が激小化!「経営安全率」
 売上高対営業利益率が2.7→4.7→14.8%と、2006年3月期の
 営業利幅の拡大が目覚しい。
 特に原価比率は82.2→79.5→72.3%の大幅圧縮。

 反面、支払利息などの営業外費用は、額面の増減が不安定。
 景気が良いうちに、早く手を打っておきたい。


■「儲け力」も、大(×3)躍進!「総資本経常利益率」
 「儲け力」の推移も、2006年3月期に3倍の伸び!
 前期までの非力さは一体どこへやら?な状態だ。
 あとは、このパワーを長期的に維持できるか否か?がポイントに。


■流動性は順調な指標を示す。が。「流動比率」
 流動比率は基準値とする150%を常にしっかりと上回っている。
 ただし、財務バランスにかんしてはお世辞にも良いとは。。。

 流動資産の6~7割が売上げの未回収金で占めており、その額は
 2006年3月期はさらに大きく膨らんでいる。
 それにつられるように、仕入れの未払い金と短期借入金が
 大きくなっている構図。

 この「負の流れ」は早急に改善せねば!


■指標低下も、債務超過からは脱出!「自己資本比率」
 2005年3月期までマイナス続きだった剰余金は、
 2006年3月期にプラスへと大きく反転!

 ただし、自己資本比率は流動負債の増加が大きく
 安全域の40%を割り込んだ。
 今後は、その流動負債の圧縮に注力だ!


■好転した状態を「長く維持できる」体制作りを!
 液晶ディスプレイの普及が進み、インチ単価も安くなったことから
 事業の「ネタ」としては、今が一番良い時期なのかもしれない。

 だからこそ、今の段階で「強固な財務基盤」を構築し、
 長期にわたって成長し続けられる体制を整えるに絶好の時期だと
 考えられる。

 だが、決算短信では収益拡大の方へ視線が向きっぱなしで、
 財務の建て直しや、社内体制の整備などについては触れていない。
 調子の良い時ほど、遠くまの隅々までで見渡せる目線が欲しい。




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 ブイ・テクノロジーのHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。