お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップお値打ち株の見つけ方

有利子負債の「適正」判定方法

お値打ち株の見つけ方【2006/10/06 22:56】

今週は、掲示板の方も活気が出てきて嬉しく思っています。

そのなかで、本日分析した銘柄の依頼主であるはるごんサンが、
借入金有利子負債としましょう)の件で、かなり気にされている
ようでしたので、

有利子負債の額が適正か否か?』を判定するための公式を
以下に記したいと思います。

A.企業利潤率

 ■企業利潤率(%)=(税引前利益+支払利息)÷総資本×100

 経理上でもちられている指標です。
  ・企業利潤率<借入金の利率 ・・・借入金を抑えたほうが良い
  ・企業利潤率>借入金の利率 ・・・借入金を用いた企業拡大が可能
 と判断されるようです。
 
 ただ、【借入金の利率】なんて簡単には分からないですよね(^^ゞ。


B.D/Eレシオ

 ■D/Eレシオ(倍)=有利子負債÷資本合計

 この数値が1倍を超えると、資金調達にかなりの負担を
 強いられていると判断できるようです。

 (正直、この指標を知らないうちに活用していました)

 厳密に見るならば、分母は【利益剰余金】にすべきかも。
 これで1倍を超えれば「超過債務の恐れあり」ですからね。


 ■ネットD/Eレシオ(倍)
      =(有利子負債-現金預金)÷資産合計

 という計算方法もあるようですが、どう見ても株主に
 不利な公式に見えますね~。


 ちなみに私は、損益計算書において

 ■経常利益対支払利息影響率(%)
      =支払利息÷(支払利息+経常利益)

 という計算を行い、
  「せっかくの利益を余計な支出で大きく減らしていないか」
 判断しています。

 この値が20%を超えるようであれば、手を引っ込めますね(笑)


恐らくは、決算書分析を行っている方の中には
  「こんな演算使っているよ~」
という方もいらっしゃるかと。

もし、機会がありましたら教えていただけると幸いです。
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。