お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(8103)明和産業の決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/10/08 23:00】

決算書分析済み銘柄リストへ




(8103)明和産業
【 めいわさんぎょう 】
化学品主体の中堅商社。中国、キューバ、ベトナムの営業網に特徴。
三菱商事支援下で再建中。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥132,043 ¥139,537 ¥133,946
経常利益 ¥1,485 ¥1,572 ¥1,904
経営安全率 17.67% 21.17% 24.56%
流動比率 108.58% 114.35% 115.56%
自己資本比率 6.50% 10.44% 16.36%
総資本経常利益率 2.57% 2.97% 3.46%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


■高原価!売上高に期待したいが。。。「経営安全率」
 売上高対営業利益率は0.9→0.9→1.1%と薄利。
 原価比率が94%台と高く、かなりのウェイトを持つ。

 支払利息を含む営業外費用が、経常利益に足かせとして
 大きく響いているが、営業外収益を下回っている分、
 まだ、ましな状態ともいえる。


■基準値到達の秘策は!?「総資本経常利益率」
 「儲け力」は、今のところは順調に上昇中。
 ただし、営業利益が薄利であるゆえに、基準値まで伸びるか
 分からない。

 なにか、利益を大きく伸ばす「秘策」が欲しいところだが。。。


■流動性はイエローゾーンも・・・「流動比率」
 流動比率は110%台と、イエローゾーンを進捗中。
 ただし、「即金力」は流動資産の1割にも満たず、
 支払余裕比率も5%未満と、雀の涙状態。

 売上金の回収と、仕入れの支払い速度をアップさせることが
 最重要課題なのだ!


■まだまだ続く「超過債務」の道。「自己資本比率」
 剰余金の項目を見ると、必ず数値の先頭に「-」の記号が。
 超過債務の清算が遅々として終わらないのである。

 ひとまずは、その数値を減らしながら総借入金の返済も
 行わねばならず、いばらの道が長く続く。


■自立できる日はやってくるのか!?
 正直、決算短信を読んでみても、その内容に覇気を感じられない。

 基本方針として
  『事業を通じて広く社会に貢献し、社員も良き貢献を受ける』
 という経営理念を記しているが、残念ながら、今はそのような
 状況ではない。

 もっと『企業再建の苦難に立ち向かう気持ち』を経営陣・従業員が
 もって望まねば、株主は納得できないのでは?




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 明和産業のHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。