お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(8091)ニチモウの決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/10/10 18:00】

決算書分析済み銘柄リストへ




(8091)ニチモウ
【 にちもう 】
漁網・漁具関連の大手。
生産部門を子会社化し商社・増殖事業に特化。バイオ事業育成中。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥104,938 ¥102,100 ¥106,088
経常利益 ¥234 ¥481 ¥241
経営安全率 3.03% 6.27% 2.95%
流動比率 104.07% 125.01% 119.59%
自己資本比率 25.75% 29.26% 29.59%
総資本経常利益率 0.39% 0.86% 0.39%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


■主力薄利。支払利息の影響高い。「経営安全率」
 売上高対営業利益率は0.5→0.3→0.4%と超低水準で
 推移しており、予断ならない状態が続く。
 特に、原価比率が安定して微圧縮しているのに対し、
 販管費比率の圧縮が遅々として進まず、微圧迫状態。

 営業外収益で利益を底上げするものの、最終的には
 支払利息に60~80%ほど経常利益を押し下げられている。


■主力が弱くては上昇は望めず「総資本経常利益率」
 「儲け力」は1%割れの状態が長く続いている。
 営業外収支がうんぬんという話どころではなく、
 すぐにでも、営業収益の仕組みを改変せねばならない状態。


■増えるは棚卸資産ばかり。。。「流動比率」
 流動比率は100~120%のいわゆるイエローゾーンを進行中。
 「即金力」は常に流動資産の10%を割り込み、営業資金にも
 不安を隠しきれない。

 特に、流動資産の5割近い未回収金額に、棚卸資産が肉薄
 し始めている点で、評価損が内在していないのか、心配が!


■金額的余力なし。「自己資本比率」
 自己資本比率は30%を目の前にして足踏み状態。
 かろうじて剰余金の積み上げをおさえ、借入金の圧縮に注力。
 この状態から脱するためにも、資産の見直しは必須では?


■未来像が見えてこない。
 決算短信に目を通してみたが、今後の企業に関する
 「課題」は(当然のコトながら)見えているものの、
 そのために、いかような活動を考えているのかがはっきりしない。
 (収益拡大のために何をするの?財務改善に有利子負債の圧縮をする
  というが、その資金はどこから持ってくるの?)

 経営陣がそのような状態では、従業員はモチベーションも
 上がらないし、正直何をすべきか分からず、戸惑うだけでは?

 ましてや、株主が安心して投資する気がうせてしまいかねない。




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 ニチモウのHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。