お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(2772)ゲンキーの決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/10/12 13:00】

決算書分析済み銘柄リストへ




(2772)ゲンキー
【 げんきー 】
福井県地盤の郊外型ドラッグストア。
大型店中心の展開で食品、雑貨など日用品が充実。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥16,027 ¥20,747 ¥24,436
経常利益 ¥642 ¥1,034 ¥934
経営安全率 20.16% 24.82% 18.97%
流動比率 86.64% 95.97% 98.11%
自己資本比率 23.19% 29.92% 26.98%
総資本経常利益率 8.62% 10.94% 7.80%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


■エリア拡大で販管費膨らむ「経営安全率」
 売上高対営業利益率は3.7→4.8→3.7%と波がある。
 原価比率は小幅ながら圧縮傾向を見せているが、
 販管費比率が2006年3月期に大きく膨らんだ。

 主な原因は、エリア拡大に伴う地代家賃と人件費(パート?)
 大幅増加。

 加えて、新規店舗(8店)と撤退店舗(4店)にかかった賃貸費用が
 営業外費用に大きくのしかかったものと考えられる。

 エリア拡大の戦略は、(特に費用面で)もう少し練りこんだ
 ほうがよさそうな気が。


■変動激しいが、一定量は維持。「総資本経常利益率」
 「儲け力」は、乱高下しているとも取れるが、
 企業成長に必要と思われる7%台以上は維持している。
 あとは、今期以降の戦略次第だろう(なるべく慎重に)


■そろそろ設備投資にブレーキを「流動比率」
 流動比率は徐々に上昇しているものの、100%には届かず。
 積極的な設備投資が固定比率を200%以上に押し上げ、
 流動性に影響を与えている。

 また、売上げの回収は順調も、仕入れの支払いは超鈍足。
 棚卸在庫も増加傾向となっており、この辺りも見直しが
 必要かと思われる。


■積極策が企業の安全性を阻む。「自己資本比率」
 増資と剰余金の積み上がりが著しく、資本合計額はぐんぐん上昇。
 ただし、積極的な企業拡大策がたたり、総借入金も膨らむばかり。

 資本合計を常に上回る総借入金。
 利益が多い今のうちに、清算していった方が良いのでは?


■個別店舗の採算管理は利益に寄与。あとは・・・
 決算短信にも記されている通り、個別店舗の採算を重視している
 とのことで、その策による効果は「儲け力」につながっている
 と思われる。

 ただし、支出・財務バランスを見る限り、少々強引な
 出店・撤退の動きが、足かせとなって影を落している。

 「メガドラッグストア」の言葉どおり、一店舗あたりに
 かかる費用は相当なものだと思われるわけで、
 そろそろ全店舗がまんべんなく、安定した収入と、
 コスト削減を行える戦略に重視することも大事なのでは
 ないだろうか?




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 ゲンキーのHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。