お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(8081)カナデンの決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/10/13 16:00】

決算書分析済み銘柄リストへ




(8081)カナデン
【 かなでん 】
1907年に電力会社から分離。三菱電機系。
半導体、情報通信、FA、設備システムが主力。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥120,095 ¥120,637 ¥130,985
経常利益 ¥2,476 ¥2,634 ¥2,924
経営安全率 17.55% 18.59% 20.04%
流動比率 147.77% 149.64% 149.65%
自己資本比率 41.46% 42.31% 42.82%
総資本経常利益率 3.83% 4.02% 4.12%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


■利益は安定基調?「経営安全率」
 売上高対営業利益率が2.0→2.2→2.1%と横ばいで推移。
 実際には、原価比率が2006年3月期に0.6%急騰し、
 それを徐々に圧縮傾向だった販管費比率がフォローした形だ。

 支払利息などの営業外費用は、増えすぎないように
 微少の金額に抑えている点は評価してよいと思う。


■『もうひと伸び』が出せない「総資本経常利益率」
 「儲け力」は、ジリジリと上昇しているものの、ようやく
 4%台に到達した、といった状態。
 基準値の5%台へ手を伸ばすには、もうひとひねりを試みねば。


■ほぼ合格も、煮え切らない財務バランス「流動比率」
 流動比率は140%台後半をキープし、基準値を真上に横ばい。
 借入金がゼロベースで固定資産も低く、本来ならば
 「成長できる財務状態」とも見えるはずが、うまく行かない。

 決定的な問題点は『営業活動における能力不足』。
 売上金の回収と仕入品の支払いまで「完結できない」
 体質が、バランスシートには克明に記されている。


■5割近い「未払い金」が安全性を阻む「自己資本比率」
 結局、流動比率の項で述べた問題点がこちらでも猛威を振るう。
 総借入金がほとんどなく、剰余金の増加が順調でありながら、
 仕入れの支払いの滞りが、自己資本比率の上昇までも、
 押さえ込んでいる。


■途中で読む気をなくしました(悲)。
 決算短信の中に、
  『キャッシュフロー重視の経営を継続し、・・・』
 という一文が登場し、読む気が失せた。

 だって、キャッシュフロー計算書の2005年3月期には、
 営業CFにマイナスがしっかりと計上されてますから!!
 (うそはいけません「斬りぃぃ!!」)




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 カナデンのHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。