お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(8050)セイコーの決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/10/17 12:30】

決算書分析済み銘柄リストへ




(8050)セイコー
【 せいこー 】
主力の腕時計は国内首位級。
電子部品、眼鏡、置き時計のほかスポーツ用品も。純粋持ち株会社。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥209,813 ¥206,891 ¥213,726
経常利益 ¥11,928 ¥9,293 ¥8,564
経営安全率 14.16% 11.70% 10.61%
流動比率 123.50% 110.47% 114.39%
自己資本比率 14.58% 18.26% 23.45%
総資本経常利益率 4.83% 4.08% 3.58%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


■増収も、原価比率に押され気味「経営安全率」
 売上高対営業利益率が6.7→4.5→4.3%と、あまり景気がよろしくない。
 販管費比率が小幅変動で横ばい状態なのに対し、
 原価比率が59.8→61.6→62.2%と着実な圧迫を見せている。

 営業利益の減少に呼応するように、支払利息の影響力が
 上昇中。経営利益に対し21%の押下げを与えるほどに!


■「儲け力」も下り坂に。「総資本経常利益率」
 「儲け力」も、基準値に手が届く位置からずるずると後退。
 一気に4%割れを起こしてしまった。
 売上高は伸びているのだから、支出面の見直しが再上昇のカギか。


■固定資産への資金注入が顕著「流動比率」
 流動比率も、110~120%の間で推移しており、振るわない。
 特に「即金力」の低下が激しく、逆に設備投資と長期投資へ
 資金が多く流れてしまっている。
 固定比率は250%を軽く上回っており、資産バランスが悪い。

 ひとまずは、流動資産の圧縮でしのいではいるが・・・


■大急ぎで剰余金を積み上げ中「自己資本比率」
 2004年3月期には資本金の半分程度だった剰余金を、
 2006年3月期には1.8倍にまで大幅積み上げを実施。
 自己資本比率は20%台にまで回復を見せている。
 その影響か、総借入金の圧縮は鈍り始めている。

 いまだに総資産の45%超が借入金で賄われている状態で、
 緊張の糸を緩めるわけにはいかない。


■安定株主の確保に重視か?
 決算短信では、随所で『株主資本の充実と、配当の安定化』
 のついて触れており、株主の信頼回復に積極的なようすが
 うかがえる。

 ただし、業績の方が計画を大きく下回るなど、思うように経営が
 成り立っていないようにも受取れる。
 計画達成を確実なものに出来る経営の仕組みを構築し、株主を安心
 させることこそが、信頼感への第一歩かと。




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 セイコーのHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。