お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(8045)横浜丸魚の決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/10/18 12:30】

決算書分析済み銘柄リストへ




(8045)横浜丸魚
【 よこはままるうお 】
水産荷受け業界7位。横浜中央市場が拠点。
マルハ、極洋、ニチレイが大手荷主。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥100,242 ¥98,526 ¥96,795
経常利益 ¥581 ¥432 ¥427
経営安全率 10.16% 7.73% 7.96%
流動比率 192.51% 177.54% 181.83%
自己資本比率 57.68% 56.80% 57.24%
総資本経常利益率 1.89% 1.88% 1.57%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


■瀬戸際!さあ、どうする。「経営安全率」
 売上高対営業利益率は0.3→0.2→0.1%と薄利に拍車がかかる。
 原価比率が94%台とかなり高く、加えてジリジリと上昇中。
 販管費比率を圧縮しようにも、売上高との兼ね合いで上昇を抑えるのがやっと。

 既に経常利益の半分以上は営業外収益に頼らざるを得ず、
 支払利息も極限まで抑えるしか手がない状態。


■なんとしても欲しい売上高。「総資本経常利益率」
 「儲け力」は、超低空域へ向けて降下中。企業を支える
 利益の確保さえも、つらい状況になってきている。
 なんとしても欲しいのが『売上高』。何か手立てがないのか。


■指標は順調も、「即金力」の低下は避けられず「流動比率」
 流動比率は基準値の150%をしっかりと上回る経営を行っている。
 ただし、年々「即金力」が弱まっているようすがくっきりと
 現れている。

 営業外収益(受取利息)を得るために、長期投資へ資金を回して
 いるためもあるのだが、肝心の棚卸資産と売上金の回収が
 重荷として、流動資産を圧迫していることが心配。


■借入金の調整と、過去の積み上げは十分「自己資本比率」
 剰余金は、残念ながら増減激しく、一進一退の状態。
 ただし、過去に積み上げた資金がモノをいっている状態で、
 自己資本比率は50%台と、高い数値を持っている。


■財務は堅い守りだが、営業力は・・・
 水産流通業界は、世界情勢も絡んで今後も厳しさを増すことが
 予測される業界である。
 ただ、それを見込んで業務を進めない限り、企業の永続は
 望めないものであり、過去もそういった状況に追い込まれた
 ことがあったに違いない。
 なんとか知恵を振り絞って、今の状況を打破して欲しいものだ。




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 横浜丸魚のHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。