お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(8044)大都魚類の決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/10/18 16:45】

決算書分析済み銘柄リストへ




(8044)大都魚類
【 だいとぎょるい 】
水産荷受けで築地の取扱金額2位、
足立・大田合わせ都内3拠点、モンゴウイカ・タコに強い。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥174,703 ¥164,980 ¥161,294
経常利益 ¥310 ¥680 ¥573
経営安全率 3.12% 6.95% 6.36%
流動比率 141.31% 143.39% 140.42%
自己資本比率 38.30% 38.56% 37.35%
総資本経常利益率 0.93% 2.07% 1.69%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


■小幅の原価変化に一喜一憂「経営安全率」
 売上高対営業利益率は0.1→0.3→0.3%と薄利が続く。
 販管費比率が5%台前半で横ばい傾向のため、
 原価比率の小幅変動で営業利益の良し悪しが決まる。

 また、支払利息も経常利益に対し10%超の押下げを
 おこなっており、あまり思わしく状態に追い討ちか。


■超低空域で乱高下!「総資本経常利益率」
 「儲け力」は2%以下の領域で激しく上下している。
 当然の事ながら、企業規模に見合う利益を上げられていない。
 もし、販管費を1割圧縮できれば、儲け力は4%超へ、
 売上原価を1%抑えられれば、6%まで伸ばせるのだが。。。


■流動比率はもう一息も、財務バランスは・・・「流動比率」
 流動比率は140%台を推移しており、指標的にはあと一歩。
 これをジャマしているのが、
  ・なかなか減らない売上げの未回収金
  ・増加し続ける棚卸資産
 の双璧である。

 短期借入金の圧縮のためにも、この辺に関しての
 財務管理努力と営業努力の双方を徹底せねば!


剰余金はストックあるものの・・・「自己資本比率」
 剰余金は、過去の積み上げが功を奏し、自己資本比率を
 低水準にならないように威勢を張っている。
 ただし、近年の積み上げは大苦戦中といわざるを得ない。
 加えて、総借り入れ金額が、資本合計に肉薄し始まり・・・


■水産物の供給が振るわず。。。
 決算短信でも触れているが、水産物の供給量が減少したことで、
 売上げの方にその影響を受けざるを得ない状態となっている。
 ただ、それを理由に営業コストが思うようにいっていないのは
 もっと頭をひねるべきなのかもしれない。
 (『すでにかなりの経費削減が実現されている』と、窮地であることを
   訴えてはいるが。)

 どこかに、解決の『タネ』は眠っているはず。あきらめずに!




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 大都魚類のHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。