お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(8002)丸紅の決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/10/23 21:00】

決算書分析済み銘柄リストへ




(8002)丸紅
【 まるべに 】
芙蓉グループの総合商社。
穀物、機械・プラント、化学、マンションに強み。紙パは首位。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥2,774,169 ¥3,035,563 ¥3,139,845
経常利益 ¥35,625 ¥31,643 ¥92,806
経営安全率 8.70% 7.30% 18.49%
流動比率 105.86% 111.20% 110.57%
自己資本比率 10.22% 11.49% 15.50%
総資本経常利益率 0.84% 0.75% 2.02%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


■営業コスト圧縮進む「経営安全率」
 売上高対営業利益率が2.8→3.1→4.8%と順調に上昇。
 2005年3月期は販管費比率、2006年3月期は原価比率
 年ごとに圧縮の貢献科目は異なる。

 好調な営業利幅の増加とは裏腹に、支払利息は不敵。
 経常利益の増加で影響力は低下したものの、額面は上昇。
 実際の割合も33.7%(以前は55%以上!)と厳しさは相変わらず。


■一段高も、改善は『もっと』必要「総資本経常利益率」
 1%未満という超低空域から大きく上昇したとはいえ、ようやく
 2%台に指がかかった状態で、パワーのなさは相変わらず。
 今の営業利幅を確保しつつ、体をシェイプアップする必要がありそうだ。


■容赦なく増加する設備投資!「流動比率」
 流動比率は110%台に持ち上がり、停滞中。「即金力」は低下。
 固定比率は500%から340%へと低下したが、資産額そのものは
 流動資産の増加をはるかに上回っている。

 各項目の資金配分バランスは、資産・負債共、非常に悪く、
 突っ込む気にもなれないのが本音。


剰余金の増加はあるものの。。。「自己資本比率」
 自己資本比率は15%と、非常にもろそうな状態。
 増資と剰余金の積み上がりで指標が変化しただけで、
 総借入金そのものは大した圧縮が見られない。


■「中期目標達成!」だが『大企業病』は治らず
 決算短信では、2003年度から開始した中期経営計画が
 100%達成されたことに喜びを隠せない状態と見える。

 たしかに指標的には改善されてきているが、『企業』
 そのものが優秀になったわけではない。

 企業が大きすぎて全体を見渡せない状態なのだろうか。
 もっと己を厳しく見る目を経営陣は養う必要があるのでは?




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 丸紅のHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。