お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(7994)岡村製作所の決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/10/25 12:30】

決算書分析済み銘柄リストへ




(7994)岡村製作所
【 おかむらせいさくしょ 】
民需中心のオフィス家具首位。IT関連向け家具開発で優位に。
都心に大型ショールーム展開。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥183,044 ¥196,526 ¥202,266
経常利益 ¥6,989 ¥9,410 ¥9,765
経営安全率 12.48% 15.54% 15.59%
流動比率 118.85% 123.18% 132.71%
自己資本比率 36.00% 38.71% 43.36%
総資本経常利益率 4.04% 5.42% 5.25%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


■原価圧縮が着実「経営安全率」
 売上高対営業利益率は3.6→4.5→4.5%と営業利幅を
 一段拡大に成功。このけん引役となっているのは原価比率の圧縮。
 小幅ながらも着実な圧縮が進んでいる。
 対する販管費比率も一時圧縮が高まったが、やや油断気味?

 支払利息を含む営業外費用も、影響力・額面共に減少。
 「儲け」をいっそう増やせるように、助けとなっている。


■基準値付近で一服「総資本経常利益率」
 「儲け力」は、2005年3月期に、5%へ到達。
 ただ、そこから伸びる勢いは今ひとつだったようだ。
 もう一度、上を目指す勢いをつかんで欲しいところ。


■資産バランスにもう少し手直しを「流動比率」
 流動比率は110%台から130%台へと、なだらかに上昇中。
 一見すると順調そうだが、流動資産よりも固定資産への
 資金注入が積極的な点が気になる。

 2006年3月期は、長期投資へ資金を多く配分しているが、
 本来ならば
  ・仕入れの未払い
  ・短期借入金の返済
 このあたりに充てて、翌年度以降の資金調達に絡む負担を
 押し下げるべきだったのでは?

 微々たる受取利息を増やすより、余計な支出をおおきく減らす
 ことこそが、将来を見据えた経営戦略だと思うのだが。


■もっと安全性が高まったはず「自己資本比率」
 自己資本比率が順調に上昇中。40台へとのし上がった。
 剰余金の積みあがりは上々。総借入金の圧縮はやや鈍った?
 資本合計に対する借入金が36%と低く抑えられているのは
 好材料なのだが。。。


■最上のチャンスが何度もあるとは限らない。
 2006年3月期の資金配分には、大いに不満を感じる。
 営業外収益を増やすことを優先し、支出の削減による
 収益効果をみすみす逃してしまったのだから。

 決算短信で述べている内容と、決算書の内容に微妙な
 ずれを感じる点に、不安を感じてしまう。




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 岡村製作所のHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。