お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(7981)タカラスタンダードの決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/10/27 16:45】

決算書分析済み銘柄リストへ




(7981)タカラスタンダード
【 たからすたんだーど 】
住宅設備機器大手、システムキッチン首位、
ホーロー技術に強み、キッチンから洗面・バス展開。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥146,538 ¥155,112 ¥156,762
経常利益 ¥7,354 ¥7,122 ¥6,220
経営安全率 13.12% 12.32% 11.18%
流動比率 206.41% 208.50% 189.69%
自己資本比率 54.67% 58.24% 61.49%
総資本経常利益率 3.53% 3.58% 3.16%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


■売上高増も原価高に苦戦「経営安全率」
 売上高対営業利益率は5.2→4.6→4.0%と下り坂。
 販管費比率を徐々に圧縮しているにも関わらず、
 原価比率の上昇がそれを大きく上回っている。

 支払利息は許容範囲内に抑えられており、こちらは
 うまくバランス調整が出来ているようだが。。。


■踏みとどまれるか!?「総資本経常利益率」
 「儲け力」は3%台を進捗中。
 実際にはパワーの維持というよりは資産の整理で今の状態を
 保っている状態。
 ここから伸びるには、コスト管理の見直しが必須か!?


■「即金力」の低下がイタイ「流動比率」
 流動比率は150%をきっちりと上回っており、安定しているように
 見えるが、「即金力」の低下が目に見えて激しい。

 加えて、売上の未回収金と棚卸資産の増加が徐々に
 勢力を強めており、流動資産構成そのものに悪化傾向が。

 流動負債も、借入金の圧縮に注力しすぎる余り、仕入れの
 未払い金に視線が向かなくなっているのでは?


剰余金↑借入金↓「自己資本比率」
 自己資本比率は60%台に突入し、安全性を一層高めている。
 総借入金の圧縮が進み、剰余金の積み上げはまさに順調。

 ただし、固定資産が減らずに総資産そのものが低下している
 ところに暗雲が立ち込めているのでは?


■なぜ「即金力」ばかりが減るのか!?
 決算書の中身を淡々と見て意見を述べるならば、明らかに
  『戦略を間違っている』
 としか言いようのない金額の推移を見せている。

 借入金の圧縮が、企業規模と営業資金の縮小を招いているのは
 決算短信での報告との不一致をおおいに感じさせる。
 こういう経営では、基本方針のひとつ「永続」は難しいのでは?




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 タカラスタンダードのHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。