お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(7935)コンビの決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/11/01 20:30】

決算書分析済み銘柄リストへ




(7935)コンビ
【 こんび 】
ベビーカー、チャイルドシート、ラックが柱。
知育玩具やアパレルも展開。海外製販体制拡充中。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥28,824 ¥30,149 ¥28,281
経常利益 ¥1,318 ¥1,436 ¥-379
経営安全率 9.88% 10.37% -3.18%
流動比率 212.14% 264.92% 261.11%
自己資本比率 59.50% 58.93% 58.93%
総資本経常利益率 4.99% 5.04% -1.39%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


■すべてが予想外!?「経営安全率」
 売上高対営業利益率は5.4→5.4→-1.0%と急落。
 原価比率の上昇が53.6→54.0→57.7%と火は強まるばかり。
 販管費比率は40.9→40.5→43.3と、こちらも炎上。

 支払利息を含む営業外費用も、毎期20%近くも
 経常利益を圧迫する脇役だったが、2006年3月期は主役に。


■安定した「儲け力」も崩壊。「総資本経常利益率」
 基準値をベースに横ばい続きだった「儲け力」も、一気に
 墜落。営業コストの管理に何があったのか!?
 今期以降、持ち直すための秘策は!?


■流動性は高水準をマーク「流動比率」
 流動比率は200%を大きく上回り、財務面は順調か?
 「即金力」が年々強化されている一方で、
 売上金の回収速度と棚卸資産がやや重みを感じる。


剰余金は横ばいながらも、指標はしっかり「自己資本比率」
 剰余金は2006年3月期の損失計上でマイナスに。
 ただ、本来であれば借入金に手を出す必要のないだけの
 金額を蓄えているはずなのだが。

 営業外の未払い金・未払い費用が多いなど、負債構成に
 どうも難点を感じるのだが。。。


■戦略の甘さが大打撃となったか?
 決算短信では、2006年3月期の成績不振について、多くを語っていない
 ように感じる(確かに、特別損失に関わる点にはよく触れているが)

 雰囲気としては、事業を多角化しようと目論んだところから、
 歪みが生じたように見受けられるのだが、それでもたった一年で
 営業そのものがここまで不振状態に陥るには、決定的な問題点が
 あるはず。

 まずはそこをきちんと把握、報告し、対策を明示しなければ!!




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 コンビのHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。