お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(7932)ニッピの決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/11/02 18:00】

決算書分析済み銘柄リストへ




(7932)ニッピ
【 にっぴ 】
皮革業界トップ。ゼラチン、コラーゲン、化粧品など多角化。
旧大倉財閥グループ。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥44,181 ¥43,119 ¥46,061
経常利益 ¥1,407 ¥1,427 ¥809
経営安全率 18.44% 18.79% 11.41%
流動比率 74.29% 76.95% 85.98%
自己資本比率 24.66% 25.65% 28.72%
総資本経常利益率 2.48% 2.52% 1.44%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


■営業コストに不安あり「経営安全率」
 売上高対営業利益率は4.7→4.2→2.5%と、ずるずる低下。
 2006年3月期は原価比率の高騰によるものだが、
 販管費比率の方も小幅ながら、油断できない
 変動を繰り返している。

 また、支払利息の額面的圧縮がジリジリと進むものの、
 経常利益に対する影響力は30~40%以上と、強力だ。


■「超」低空域へ突入。「総資本経常利益率」
 過去、企業規模の半分程度しか出せなかったパワーは
 さらに衰えを見せており、永続も危うくなりそうな気配が。

 早急に営業コストの見直しを徹底させ、現状から脱せねば!


■固定資産に偏重。バランス悪し。「流動比率」
 流動比率は上昇気配も、未だ80%台と、警報が鳴り響く。
 「即金力」への資金注入が望めず、支払余裕比率も10%未満。

 加えて
  ・有形固定資産が流動資産より多い
  ・未回収金が多い
  ・棚卸資産が増加傾向
 と、かなり資産のバランスが悪く、手直しが必要だ。


■微少ながらも改善傾向「自己資本比率」
 総借入金が圧縮され、剰余金も積み上げの傾向を続けている。
 それでも自己資本比率は28%と、安全領域にはほど遠い。

 やはり資本合計に対する総借入金が多すぎるからだろう。
 もっと収益さえ見込めれば・・・


■悲観的マインドがなんとも。。。
 決算短信からは、自社ブランドの定着化による顧客確保を
 優先的に考えているようすがうかがえる。

 だが、大きな問題点は社内的な部分に多く存在しているように
 思うのは気のせいだろうか?
 資産のバランスについて経営陣はどのように思っているのだろう。




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 ニッピのHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。