お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(7926)ベルテクノの決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/11/03 18:50】

決算書分析済み銘柄リストへ




(7926)ベルテクノ
【 べるてくの 】
染色機械製造の旧鈴木製作所が子会社2社を吸収して誕生。
厨房用機器が主力で米国販売も。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥24,998 ¥25,859 ¥27,302
経常利益 ¥697 ¥371 ¥1,899
経営安全率 9.73% 5.11% 23.29%
流動比率 132.09% 125.43% 122.45%
自己資本比率 36.94% 36.14% 33.82%
総資本経常利益率 3.06% 1.57% 7.30%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


「経営安全率」
 売上高対営業利益率は1.8→0.7→3.2%とV字回復?
 原価比率は71%台から圧縮傾向、販 管費比率
 2006年3月期は0.7%ほど抑えることが出来た。

 とはいえ、2006年3月期に大きく貢献したのは営業外収益。
 しかも、有価証券売却額によるため、翌期以降の期待は出来ない。

 その分を差し引いて考えると、支払利息を含む営業外費用の
 影響力は常に高い数値を示している。


■主力強化がなければ。。。「総資本経常利益率」
 2006年3月期は「儲け力」が大幅に回復、基準値を突き抜けた。
 ただし、これは営業外収益によるものであり、今後もそれに
 頼れるとは限らない。
 もっと主要事業に本腰を入れなければ!


固定比率に傾き気味。 「流動比率」
 流動比率が130%台から120%へ向けて低下傾向。
 全体バランスを見ると、固定資産に借入金を充てている分、
 流動性が奪われている傾向が見えてくる。

 ここは、長期投資を現金預金へシフトさせ、借入金の返済に
 充てたいところだ。


■衰退傾向か?「自己資本比率」
 剰余金が年々衰え、逆に負債合計が膨らむばかり。
 かろうじて資本合計を下回っていた総借入金も、
 ついに上回るまでになっている。危険の香り!?


■社内統制が取れていない!?
 決算書の文面に従うと、
  『製造子会社のコストや在庫経費の管理が思わしくない』
 というように読めるのは、自分だけだろうか?

 正直、経営そのものの姿勢に、他力本願的な部分が多く
 見受けられ、采配を振るう経営陣の言葉に説得力を
 感じられない。
 主力による収益を強化させるためには、もっと必死になって
 現場と連携をとらなければいけないのでは!?




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 ベルテクノのHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。