お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(7914)共同印刷の決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/11/05 21:45】

決算書分析済み銘柄リストへ




(7914)共同印刷
【 きょうどういんさつ 】
総合印刷3位だが上位とは開き。
データプリントやICカード、電子等事業多角化に注力。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥107,849 ¥108,276 ¥107,797
経常利益 ¥2,719 ¥3,152 ¥2,920
経営安全率 18.16% 19.56% 17.83%
流動比率 130.79% 153.70% 133.78%
自己資本比率 51.82% 52.81% 52.28%
総資本経常利益率 2.65% 3.04% 2.65%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


■原価↓販管費↑「経営安全率」
 売上高対営業利益率が2.0→2.3→2.1%と横ばい傾向。
 とはいえ、原価比率は圧縮傾向なのに対し、
 販管費比率が増加傾向で、せっかくの利幅を相殺。。。

 営業利幅が少ない分、支払利息を含む営業外利息の
 影響力が10%をやや上回る状態で利益を削る。微妙だ。


■低水準で、もたついている?「総資本経常利益率」
 「儲け力」が3%を保つことも出来ず、企業規模の半分程度に
 とどまってしまっている。
 販管費比率を11%未満に落すことが出来れば・・・


■流動負債に難ありか?「流動比率」
 流動比率は130~150%の間をゆらり、ゆらり。
 どうやら、流動負債の負担が重いように感じられる。

 2005年3月期は短期借入金が長期借入金へシフトされた分、
 流動性が向上したようだが、それで翌期に元に戻っては
 意味が無い。

 流動資産のほうで、「即金力」をしっかりと蓄え、流動負債へ
 充てられる体制を整備したい。


■好調時の戦略が甘いか?「自己資本比率」
 指標的には50%を越えており、最低限の安全性はありそう。
 ただ、せっかく2005年3月期に積み上げた剰余金
 2006年3月期に取り崩すなど、苦笑いしたくなるような動きも。

 総借入金も資産合計とのバランスはまあまあだが、削減の
 意思はなさそう。


■「経費削減策」効果は出ているの?
 決算短信の経営戦略の一文に
  『経費削減策を継続するとともに、(中略)
   さらなる構造改革への取り組みを進めます。』
 と記されている。

 この文章の通りのことを決算書は語っていますか?




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 共同印刷のHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。