お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(7872)エステールの決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/11/12 07:30】

決算書分析済み銘柄リストへ




(7872)エステール
【 えすてーる 】
宝飾品製販大手。企画・生産・販売まで一貫体制。
小売店は全国展開。TV番組内広告で知名度。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥15,941 ¥16,152 ¥16,593
経常利益 ¥382 ¥760 ¥1,303
経営安全率 3.84% 7.34% 12.01%
流動比率 158.49% 171.76% 179.51%
自己資本比率 33.87% 34.26% 30.27%
総資本経常利益率 1.51% 2.91% 5.34%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


■まだまだ途上。「経営安全率」
 売上高対営業利益率は6.2→6.3→7.4%と上昇基調。
 原価比率の圧縮が大きく貢献しているものの、販管費比率
 その分を少しずつ侵食している点が気になる。

 また、経常利益の増加が倍・倍で増え続ける中、
 支払利息の影響力は低下しているものの、いまだ24%と高い。

 安心して見守れる収益構造には至っていないようだ。


■それでも利幅拡大は効果あり!「総資本経常利益率」
 「儲け力」は一気に上昇→基準値を超えてしまった。
 イジワルな言い方をすると、無駄な支出さえなかったら、
 今頃は7~10%くらいのパワーを引き出せていたのかも。

 それくらい『もったいない』資金の使い方だと言いたい。


■見た目は満足も、その在庫は適正?「流動比率」
 流動比率は基準値とされる150%を上回りながら、さらに上昇中。
 「即金力」も、急速な増加の気配を見せている。

 だが実際は、流動資産の80%(!)を棚卸資産が占拠。
 ついで売り上げ未回収金が10%で、「即金力」は6%が事実。

 見た目の指標にだまされないように!


■資金調達にアップアップ「自己資本比率」
 自己資本比率は目に見えて下り坂。
 剰余金の積み上がりが思うように進まず、
 増えるは総借入金ばかり。

 2006年3月期は、資本合計に対して総借入金が、2倍超まで
 膨らんだ!


■目標と実績に大きな開きが。
 決算短信の文章を読む限り、
  ・目標と実績(決算書の内容)
 さらに
  ・基本方針と実績(決算書の内容)
 さえも、一致しているとは言いがたい状況。

 それについての反省には触れず、改善策(と思われること)
 を施しています、とのアピールに終始。

 ・・・絶句。




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 エステールのHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。