お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(7868)廣済堂の決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/11/12 21:55】

決算書分析済み銘柄リストへ




(7868)廣済堂
【 こうさいどう 】
印刷主体だが出版併営。ネット対応に注力。
グループで内外ゴルフ場・斎場を多角展開。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥57,754 ¥56,262 ¥54,249
経常利益 ¥5,221 ¥4,455 ¥4,294
経営安全率 28.00% 25.52% 25.91%
流動比率 113.81% 82.18% 83.02%
自己資本比率 26.74% 27.50% 18.03%
総資本経常利益率 3.47% 3.13% 3.73%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


「経営安全率」
 売上高対営業利益率は10.2→8.7→8.3%と下落気味。
 販管費比率はおおむね横ばい。原価比率
 上昇が利幅を着々と削っている。

 減収減益の影響もあり、支払利息を含む営業外費用が
 経常利益を大きく苦しめる。
 額面には減少も、経常利益に対して30%押し下げる状態では
 あまりにも。。。


■現状維持で手一杯か?「総資本経常利益率」
 「儲け力」は、4%の壁を突き破れずにもどかしい状態が続く。
 最低でも、営業外費用のいわゆる「無駄な支出」をやめない限り、
 今の状況は続きそうだ。


■その資金配分は、主力に集中していない証拠!?「流動比率」
 流動比率は110%台から80%台へ大きく転落。
 棚卸資産の大幅圧縮が主な原因だが、そのほかの流動資産仕訳に
 変化がない(ようは、好転しない)状況は大失敗かと。

 そして過剰な長期投資への資金注入によって固定比率
 400%以上に上昇(300%以上が他人資本なのだよ)。

 まさか、これで恒久的な経営が成り立つと?


■さらに失われた安全性「自己資本比率」
 2006年3月期、自己資本比率は20%割れにまで低下。
 それと同時に超過債務(剰余金マイナス)状態へ。

 総借入金が資本合計の1.4倍→2.4倍となり、ますます苦境に。


■進路を見失っていないか?
 決算短信では
  「企業構造の改革」「社員教育の徹底」
 を基本方針に掲げているものの、その具体的案は
 見出せていないように感じられる。

 主力業務の強化を目指しているつもりで、方向性が
 定まっていないような経営戦略
 (印刷事業の強化とITビジネスを強引につなげようとしている点)
 に、現状の決算書が妥当な状態を表現していると
 見られても、いたしかたないな、と。。。




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 廣済堂のHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。