お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(7860)エイベックス・グループ・ホールディングスの決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/11/14 08:30】

決算書分析済み銘柄リストへ




(7860)エイベックス・グループ・ホールディングス
【 えいべっくすぐるーぷほーるでぃんぐす 】
ダンス系音楽で急成長し大手レコード会社へ。
アニメ、eビジネスへ新展開、持ち株会社化。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥73,896 ¥75,418 ¥89,783
経常利益 ¥7,125 ¥4,431 ¥9,059
経営安全率 24.51% 16.37% 24.21%
流動比率 124.06% 101.39% 88.85%
自己資本比率 51.96% 46.29% 39.97%
総資本経常利益率 11.32% 6.82% 10.81%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


「経営安全率」
 売上高対営業利益率は9.4→5.6→9.6%と、2005年3月期の
 危機を脱した状態。

 原価比率が60.6→64.1→58.3%と持ち直したことが大きい。
 ただし、販管費比率は上昇が続き、気を抜けない。

 支払利息に関しては、微少に抑えているので、
 その分、営業コスト管理に力を注いでいただきたいところ。


■浮上!再び成長基調に!?「総資本経常利益率」
 「儲け力」は、一時落ち込んだものの、基準値は
 しっかりとキープ。
 再び10%台に回復できたことは大きい。


■長期投資へ偏重。バランス悪し。「流動比率」
 流動比率は目に見えて低下が続き、100を割ってしまった。
 主な理由は、長期投資へ資金が流れすぎていること
 であろう。

 また、売上金の回収能力にも悪しき変化?
 今後『財務建て直し』という意識で取り組まねば、
 最悪の事態になりかねない。


■資金調達が、負債に傾きだしている。「自己資本比率」
 2005年3月期の業績悪化に伴ない、剰余金は積み上げ直し
 の状態。
 その間に、負債は膨れ上がっており、自己資本比率は
 低下するばかりだ。

 総借入金も、資本合計の60%付近まで接近。
 そろそろ引き締めを!


■ヒット商品に依存しない安定業務を心掛けてもらいたいが。。。
 決算短信からは、少々先行きを楽観視している文章を
 見受けられる。

 財務面での問題点を見出す作業・報告が抜けており、
 時価ベース自己資本比率が高い(130%オーバー)ことに
 安心しきっている様子にも。

 だが、変動の激しい固定資産に依存した経営は、のちに
 大きな問題として頭をもたげることも。
 (景気によって時価が半減以下になることも大いにありうる)

 経営陣は主業務の安定に全力を注いで、永続的好収益と
 バランスの保たれた財務を見出さねば!




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 エイベックス・グループ・ホールディングスのHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。