お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(7844)マーベラスエンターテイメントの決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/11/15 19:45】

決算書分析済み銘柄リストへ




(7844)マーベラスエンターテイメ ント
【 まーべらすえんたーていめんと 】

TVアニメの商品化権を利用し、音楽CDやビデオ、
ゲームソフトの企画・制作を行う。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥5,719 ¥7,415 ¥9,196
経常利益 ¥636 ¥787 ¥609
経営安全率 26.90% 24.55% 17.80%
流動比率 150.30% 150.71% 152.70%
自己資本比率 53.16% 46.97% 50.80%
総資本経常利益率 22.16% 18.31% 8.91%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


■増収著しいが・・・「経営安全率」
 売上高対営業利益率は11.1→8.5→6.2%と利幅が半減。
 原価比率販管費比率の 一方を抑えれば
 もう一方が大きくコストが増えるという悪循環が。

 売上高が右肩上がりかつ、支払利息が微少に抑えられていても、
 営業コストを安定化させなければ、増益につなげられない!


■『超』成長期は終焉?「総資本経常利益率」
 2006年3月期の「儲け力」は9%近くを誇っており、通常ならば
 うらやましい限りのパワーを持っているといえる。

 だが、それ以前の驚異的なパワーからすれば、
 半分以下にまで落ち込んでしまったわけで、
 どこかに油断が出始めているのかも!?


■安定した流動性も、内訳は悪化か?「流動比率」
 流動比率は150%ラインを横ばいに推移しており、そこそこの
 状態を保ち続けられている。

 だが、その内訳にはジワジワと変化が。
  ・「即金力」の低下
  ・売上金の回収、仕入金の支払い能力低下
  ・業務にかかる雑費用経費の増加
 などなど。

 急激な企業拡大に、財務管理機能が追いついていない
 ということか?


■増資に次ぐ増資も。。。「自己資本比率」
 毎期におこなわれている増資と、大きく積み上げられる
 剰余金によって資本合計は勢いよく膨らんでいる。

 しかし、それに劣らぬ勢いで負債総額も大きく増加。
 資金調達の流れを見直し・整備することも念頭において欲しい。


■コストの抑制を目指すとはいうが。。。
 決算短信では、『成長こそが安定につながる』という考え方を
 押し出しており、企業の拡大については言葉どおりになっている。

 だが、その成長にコスト管理ならびに財務管理が上手く機能しなく
 なり始めていることを経営陣はお気づきだろうか?

 「どこに問題が潜んでいるのか?」を明確に把握し、
 修正案を定義できるようでなければ、このままずるずると
 悪化しかねない!




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 マーベラスエンターテイメントのHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。