お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(7836)アビックスの決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/11/17 08:45】

決算書分析済み銘柄リストへ




(7836)アビックス
【 あびっくす 】
商業用映像看板のLED映像表示器の開発・販売が主力。ファブレス経営。販売は下期偏重。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥3,935 ¥2,789 ¥2,788
経常利益 ¥244 ¥202 ¥-144
経営安全率 21.71% 17.64% -11.29%
流動比率 223.28% 233.55% 266.86%
自己資本比率 28.20% 22.00% 27.43%
総資本経常利益率 8.37% 4.71% -2.60%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


「経営安全率」
 売上高対営業利益率が6.7→8.8→-1.3%と急落。
 実は、原価比率販管費比率 の変動が
 いままで安定したことがなく、今までが『たまたま良かった』
 という捉え方すら出来る。

 それを証明するかのように、売上高や支払利息の影響などに
 不安材料を抱えながら推移していたことがP/Lには刻まれている。


■急落→不時着!?「総資本経常利益率」
 2004年3月期の勢いはいずこへ!?と言いたくなる様な
 転落ぶり。
 何もいえません・・・


■指標はごまかせても、内訳は隠せません!「流動比率」
 流動比率は200%を上回り、なおも上昇の気配。
 一見すれば、財務面の心配なく収益面の見直しに
 終始できるのでは?と勘違いしたくなる。

 だが、実は流動資産の7割強が、売上げの未回収金と
 棚卸資産。棚卸資産だけでも50%という多さだ。

 本当に、これを現金化することは可能なのか?

■迷走。迷走。迷走。「自己資本比率」
 自己資本比率は20%台をうろうろ。
 そればかりか、剰余金の積み上がり、総借入金の
 圧縮も思うように進まない。

 常に資本合計の2倍近くを占めている総借入金。
 どう捌いてゆくのだろうか?


■問題点は見えているようだが!?
 決算短信の文面では、『安定化』と『適正在庫』を
 キーワードにして課題を取り上げている。
 ひとまず、社内での問題点はきちんと把握しているようだ。

 ただし、「課題に対して取り組んでいます」のひとことは
 首をひねりたくなる状況。

 「適切なデータ」に基づいて実践しているのか、見直しを!




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 アビックスのHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。