お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(7768)ジェコーの決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/11/18 11:55】

決算書分析済み銘柄リストへ




(7768)ジェコー
【 じぇこー 】
トヨタ系、時計・モーター等自動車関連機器を生産、
全自動車メーカーに納入。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥20,999 ¥21,344 ¥21,974
経常利益 ¥1,127 ¥1,132 ¥1,007
経営安全率 44.33% 42.94% 41.06%
流動比率 137.95% 155.05% 161.37%
自己資本比率 52.09% 56.54% 57.32%
総資本経常利益率 7.04% 7.22% 6.02%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


「経営安全率」
 売上高対営業利益率は5.9→5.7→4.8%とやや低下傾向に。
 販管費比率は小幅で上下しつつもなんとか抑えており、
 どうにも厳しいのが原価比率のほう。原油高の影響か?

 また、支払利息は十分に抑えられているものの、
 営業外費用はやや多め。ここも引き締めをしてゆかねば!


■基準値以上は確保。「総資本経常利益率」
 「儲け力」は、低下しても6%をキープと、堅実のもよう。
 ただ、それだけ成長性がそがれたともいえる状態であり、
 再び盛り返せるための収益構造見直しが必要なのかもしれない。


■可もなく、不可もないが。「流動比率」
 流動比率は上昇を続け、基準値を突破。
 全体的なバランスもまあ、まずまずといったところ。

 そんな中で一点、「即金力」の配分が減少傾向がみえ、
 なんとか短期有価証券の売買で殖やそうとしている
 ところに少々、今後の不安が。。。


■財務の土台はガッチリ。「自己資本比率」
 剰余金をきっちりと積み上げ、総借入金もゼロベース。
 当然のように自己資本比率は上昇を続けている。

 派手さはないが、堅実で強固な土台を持っている。


■今一度、生産の「カイゼン」見直しを!
 決算短信で「トヨタ方式を導入している」とのコトを
 明記しており、それによるコスト管理を意識して生産を
 実施している姿が目に浮かぶ。

 だが、ここ2年ほどは、その方式がうまく稼動していない
 ようなコストの推移をうかがえる。

 いま一度、「カイゼン」の手法が止まりかけていないか、
 厳しい目線で見直すことが必要なのか見知れない。




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 ジェコーのHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。