お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(7746)岡本硝子の決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/11/20 08:50】

決算書分析済み銘柄リストへ




(7746)岡本硝子
【 おかもとがらす 】
特殊ガラスと薄膜技術に強み。
プロジェクター用反射鏡が収益柱、フライアイレンズも強化。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥6,927 ¥8,496 ¥6,740
経常利益 ¥399 ¥632 ¥-743
経営安全率 25.28% 30.82% -85.11%
流動比率 90.91% 102.69% 95.66%
自己資本比率 44.93% 45.95% 33.69%
総資本経常利益率 5.28% 5.67% -5.52%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


■一時繁栄も、大反発!「経営安全率」
 売上高対営業利益率が5.4→7.6→-8.0と崩壊!
 2005年3月期は売上高・経常利益ともに好調を極めたが、
 その繁栄は一時のものに過ぎず、原価比率販管費比率
 ともにコストが暴騰。原価比率は+11%と大誤算。

 支払利息も2006年3月期は2.5倍近く額面が増加。
 あまりにも厳しい状況に陥ってしまった。


■「儲け力」からみえるもの。「総資本経常利益率」
 「儲け力」は、意外にも5%と基準値ラインから上放たれる
 ことなく沈んでしまっている。

 どうやら、企業拡大に走りすぎていた代償が2006年3月期に
 大きく出てしまったとも取れる。


■資金配分に大きな問題。「流動比率」
 流動比率は90~100%の間を横ばいに推移している。
 だが、額面上の推移で見ると、まずい点が一目瞭然。

 流動資産の資金配分は期によってバラバラ。
 固定資産への資金注入があまりにも過剰な動き。

 いかに計画性と管理体制が稚拙だったかが分かる。


■資金調達の流れ正常化は?「自己資本比率」
 資産ばかりが増え、自己資本は没落。
 剰余金は2006年3月期に半減。総借入金が、一気に
 1.6倍(¥40億)アップで、資本合計を上回った。


■「ダイナミックな経営」が裏目に!?
 決算短信の↑基本方針より抜粋。バランスシートの推移は
 まさにダイナミックです。

 経営計画・実績に関する反省はたいして見られず。
 ・・・




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 岡本硝子のHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。