お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(7721)トキメックの決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/11/26 16:15】

決算書分析済み銘柄リストへ




(7721)トキメック
【 ときめっく 】
航海・航空計器大手。防衛庁向けのほか、
ジャイロ・マイクロ波・油圧技術等応用製品で民需展開。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥44,491 ¥43,804 ¥43,438
経常利益 ¥1,890 ¥1,759 ¥2,213
経営安全率 17.85% 16.62% 20.13%
流動比率 122.69% 136.48% 172.03%
自己資本比率 24.28% 29.08% 32.60%
総資本経常利益率 3.84% 3.83% 4.54%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


■コストの見直しに苦戦。「経営安全率」
 売上高対営業利益率は5.8→5.0→5.8%と停滞気味?
 実際には、原価比率は年々着実な圧縮を実施しているのだが、
 販管費比率がその分を食い荒らしている状態。

 支払利息は圧縮傾向で、経常利益に対する影響力も10%以下に。
 しかし、棚卸資産処分損が毎期¥2億超(!)発生しており、
 せっかくの利益を押し下げる。


■回復!?伸び悩み!?「総資本経常利益率」
 2006年3月期は「儲け力」が一段成長することが出来た。
 ただし、基準値にはまだ及ばない状態には変わりない。

 収益面では十分な数値を叩き出しているはず。
 あとは、事業コストの見直しがキーポイントだが、果たして?


■指数改善、実情改悪!?「流動比率」
 流動比率は130%→170%と、大きく数値を伸ばした。

 ただし、これが『良化によるものか?』という問いには
 『否』と応えざるを得ない。

 毎期、棚卸資産の処分損を計上しながらも、資産バランスでは
 その効果はほとんど見られず、「即金力」の勢力強化も
 実現できていない。

 単に、流動負債内の短期借入金の一部が長期借入金にシフト
 されたにすぎず、上っ面を良くしたようにしか見えない。された

■資本構成に異常続く。「自己資本比率」
 (利益)剰余金の増加と総借入金の圧縮が、年々進んではいる。
 ただし、資本準備金などを蓄えるための資本剰余金は、
 渇水状態のまま。

 どうやらこちらも上っ面を繕うことに終始しているだけのようだ。


■良い部分は強調するものの。。。
 決算短信では、原価比率や、DEレシオ(資本合計に対する
 有利子負債の割合)の改善について報告を挙げている。

 だが、その報告自体は果たして妥当なのであろうか?
 原価比率は良化も、販管費比率は悪化。
 DEレシオがいまだ1倍以上ということは、財務に予断を許さない
 状態が続いているということに間違いはない。

 どうも、リップサービスの旺盛さが、誠意さをより低く見せて
 いるような。。。




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 トキメックのHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。